徒然草Annex
Korea Football Magazine vol.28: 後期リーグ第12節

Kリーグのほうは残り2試合。そんな後期第12節の結果を。

浦項 2-0 水原
大邱 0-1 蔚山
慶南 3-0 全北
大田 3-1 光州
釜山 1-1 ソウル
仁川 0-2 全南
城南 3-3 済州

プレーオフへの残り1つのイスを巡る戦いはこんな感じ。
(◎はプレーオフ進出決定)

◎1 城南  48 14-6-5 +17
◎2 浦項  44 12-8-5 +13
◎3 水原  42 11-9-5 +7
 4 ソウル 36 8-12-5 +8
 5 蔚山  35 8-11-6 +0
 6 全南  33 7-12-6 +3

今日の敗戦で仁川のプレーオフ進出の可能性は消え、残るはソウル、蔚山、全南の3チームの争い。最終節は11月5日。

ソウル - 慶南
蔚山  - 浦項
全南  - 大田

とそれぞれ戦う。ソウルは勝てば文句なしにプレーオフ進出、可能性としてはソウルが進出する可能性が一番高そう。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


vs磐田戦:負け

お仕事中のため映像は全く見ていない(でも、ワシントンの1点目だけはなぜか見ていたのだがw)ので、今日も結果だけ。

レッズ 2-3 磐田
得点:ワシントンx2

仕事中に仕事場の隅の方で小さいテレビに映っていたTBSの画をチラ見しながらの作業。気づいたら前半あっという間に0-2になっててびっくり。後半途中、仕事が一息ついたところでテレビの前を陣取って見ているとちょうどワシントンの1点目。よーし、先週のFC東京みたく後半3点入れて逆転するぞ、と再び仕事に戻る。しばらくして戻ってくるといつの間にか追いつくどころか磐田に突き放されてるし。結局その後は試合を見られないまま2-3の敗戦。

8月の大分戦以来の敗戦。でも、みなさんのブログを見る限りでは前回の大分戦のときのように悲観するようなブログがあまりないのがせめてもの救い。大分戦のときは試合内容もさることながら、個人的ないろいろな出来事も重なっていろいろな感情がこみ上げてまさに「爆発寸前の風船」のような状態にまでおちいったが、仲間に支えられてぎりぎりのところで踏ん張ってきた。今回の磐田戦はそれ以来の「自分が参戦できない遠征」なので大分戦後の「爆発寸前の風船」のような状態になるのが非常に怖かったのだが、そういう感情はこみあげてこなかったもよう。とりあえず、今週1週間は平常心で臨めそうです。

また明日から、みなさんよろしくお願いします。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


明日は磐田戦

去年はエコパだったから2年ぶりの磐田開催になるのかな。

自分は2年前は磐田へは行ってないので、3年前の4月以来磐田に行ってない。磐田の試合というと雨の中の試合というイメージが強いのだが、明日の浜松方面の天気は晴れのち雨。試合中は大丈夫そうでも試合終了後の祝勝会やってる頃は雨模様かもしれませんね。雨対策が入念に。

そんな自分は明日は(も)お仕事のために参戦できません。きっと明日の午前中はみなさんの遠征日記がいっぱい某所にあがるんだろうな。そんなみなさんがうらやましい。

試合に参戦できなくて悶々としながら過ごす明日ですが、いつものように仕事場から磐田に念を送ってます。

勝たせてきてください。いや、勝ちましょう!

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


Korea Football Magazine vol.27: 後期リーグ第11節

平日に行われたKリーグ後期第11節。

大邱 1-1 浦項
水原 2-0 慶南
全北 0-2 釜山
全南 2-1 済州
蔚山 3-1 大田
光州 2-0 仁川
ソウル 2-2 城南

前回「次節水原が勝利し、大邱-浦項直接対決が引き分け、ソウルと仁川がそれぞれ引き分け以下なら、次節に水原の優勝が決まるかもしれない。」って書いたけど、まさにその通りになってしまい、水原の後期優勝が決まりました。

これで、プレーオフ進出4チームのうち2チームが決まり、残り2チームを決める年間順位はというと。

1 城南  47 14-5-5 +17
2 水原  42 11-9-4 +9
3 浦項  41 11-8-5 +11
4 ソウル 35 8-11-5 +8
5 仁川  32 7-11-6 -1
6 蔚山  32 7-11-6 -1

3位の浦項は5位の仁川との勝ち点差を8として4位以内を確保、プレーオフ進出が決まった。そして残りのイスはあと1つ。次節ソウルが勝って仁川と蔚山がそれぞれ引き分け以下ならソウルのプレーオフ進出が決まる。

さあ、プレーオフ進出チームが決まってくるとだんだん来年の韓国遠征のコースも決まってくるわけで。今のところ浦項だと行くのが結構大変だけど、水原も城南もソウルから近いし遠征しやすい立地条件になりそうな気がする。

さあ、そろそろ韓国遠征のコースでも考えてみるかw

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


一緒したかった(BlogPet)

きょう、割はバックしなかったよ。
じゃK.TAKAで、リーグっぽい参戦する?
じゃ静岡にリーグ猛省した。
じゃ静岡まで一緒したかもー。
じゃきのうK.TAKAで、一緒したかった。
じゃK.TAKAで祝勝も展開するはずだったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽん」が書きました。


Korea Football Magazine vol.26: 後期リーグ第10節

後期第10節の結果をまとめてみました。

浦項 2-0 慶南
済州 1-0 光州
釜山 0-2 水原
全北 0-2 ソウル
大田 0-1 大邱
仁川 1-0 蔚山
城南 3-3 全北

上位5チームは安泰のようで、前節からの順位の変動はほとんどなし。

1 水原  23 7-2-1 +9
2 浦項  18 5-3-2 +5
3 ソウル 18 5-3-2 +5
4 仁川  18 5-3-2 +3
5 大邱  17 5-2-3 +4
6 済州  15 4-3-3 +1

次節水原が勝利し、大邱-浦項直接対決が引き分け、ソウルと仁川がそれぞれ引き分け以下なら、次節に水原の優勝が決まるかもしれない。そんな次節は10月25日(水)。覚えていれば水曜夜にでも速報を書きます。

ちなみに、年間順位はこんな感じ。

1 城南  46 14-4-5 +17
2 浦項  40 11-7-5 +11
3 水原  39 10-9-4 +7
4 ソウル 34 8-10-5 +8
5 仁川  32 7-11-5 +1
6 大邱  30 7-9-7 +2

プレーオフ進出がかかる年間順位4位の争いは熾烈のようで、ソウル、仁川、大邱などが4位の座を争っている。こっちの争いは最終節までもつれ込むかもしれない。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


さて、サテの結果は.....?

レディースとサテライトのダブルヘッダーとなった今日。

レディースの試合は全然見ていないので、結果だけ。

浦和レッズレディース 1-0 TASAKIペルーレ
得点:50分北本
観客:1,254人

まだまだ優勝の可能性は消えていない。トップとレディースのアベック優勝をめざしてこのまま進んでいきましょう。

さて、その後に行われたサテライトの試合ですが.....

浦和レッズ 1-5 コンサドーレ札幌
得点:宮川(ユース)
観客:2,338人

まあ、サテライトの試合は勝敗だけにこだわるものではないと個人的には思ってるので、まあ、次につなげてくれれば。そう思うことにしました。

今日は今季初めての熊谷での試合。そんなわけで、赤き地平より昇る妖星@妖星さん率いる「県北レッズサポ」チーム主催による観戦会とお食事会(祝勝会の予定だったのだが)が行われた。

飲みながらもFC東京-ガンバ大阪戦の試合経過が気になりケータイ速報で試合経過の実況。0-2だった試合が1-2となり喜ぶ....のもつかのま、あっという間に同点! で喜んでいると今度は逆転3-2! 狂喜乱舞の集団。そしてそのまま試合終了。今日ばかりはFC東京に乾杯!そんなわけで、今日の飲み会はレディースの勝利とFC東京の勝利を祝う会となりました。

朝早くからのシート張り(噂では1番乗りだったとかw)から夜の飲み会までみなさんお疲れさまでした。自分はその中の最後の一部のみの参戦でしたが、非常に楽しませていただきました。今日が初めましての方も何人もいらっしゃいましたが非常に楽しいひとときを過ごすことが出来ました。

また熊谷で試合がありましたら参戦したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


vs川崎戦:引き分け、そして今日は熊谷で

埼スタには我々を勝たせてくれない何かがあったようでw

昨日は仕事中のため試合は見てない(ことになってる)ので結果だけ。

レッズ 2-2 川崎
得点:ワシントン、ポンテ

そして今日は、

2006年10月22日(日)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
◆MOCなでしこリーグ上位リーグプレーオフ・11:00キックオフ
浦和レッズレディースvsTASAKIペルーレ
◆Jサテライトリーグ・14:00キックオフ
浦和レッズvsコンサドーレ札幌

熊谷にてレディースとサテライトの試合が行われる。チケットは高校生以上1000円で2試合とも見られるそうな。レッズ後援会の会員は無料で2試合とも見られるそうなので、ぜひみなさんも今日は熊谷へ行ってレディースとサテライトを応援しましょう。

かくいう自分は午前中はREDS WAVE で番組収録があるので、その収録が終わった後の参戦になってしまいますが、熊谷まで参りますのでみなさまよろしゅう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


明日、川崎戦:明日のためにできること

明日は川崎フロンターレ戦。

ナビスコ杯準々決勝ではアウェイゴールの差で惜しくも敗れた相手。なのだがそんなことはもうどうでもいい。明日勝てばそれでいいんだから。

明日の試合は、2位以下を引き離して栄光への架け橋を昇っていくためにも大事な試合。そんな大事な試合なのだが自分は普通に出勤日のために埼スタには参戦できません。

明日のために自分ができること。
それは、明日のお仕事を頑張って仕事場から埼スタに念を送ること。
それだけしかできないのが残念だが、それが今自分にできる精一杯のこと。
明日埼スタに参戦されるみなさん、よろしくお願いします。

絶対勝ちましょう!

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


11年前のK.TAKAは.....

11年前、自分はどんなことをやってたんだろう?

当時はまだ大学4年生。研修室に配属になったと同時に研究室のWEBサーバに自分の「ホームページ」を作って遊んでいたのを覚えている。そういえば、自分のプロフィールのページとかも作ったけど、本名とかそのまま書いたりしていたっけ。今じゃmixiにも本名書いてないくらいだし、本名を思いっきり書けたというのもこの時代ならではなのかな。

そんなある日、WEBネタを考えながらの帰宅中に「日記みたいなページを書いてみようか」なんて思いついて、早速翌日には最初の1文を書き始めてしまったのが運の尽き。気づいたらその日から数えて昨日(10月19日)で満11年ということになりました。

11年前の今頃はおそらく卒業研究に苦しんでいた頃。でも、それから11年の間には修士論文、就職活動、就職してからの数々のお仕事。そして浦和レッズのJ2降格など数多くの苦しい思い出も余すところなく書いてきたつもり。「ブログ」というものが流行り出す前にはこのページを友人にバカにされたりということもあったし、ブログになってからは匿名でいやがらせコメントを書き逃げしていった輩もいた。

でも、多くの方からの数多くの暖かいコメント、トラックバック、レッズや韓国語など趣味を同じくした「同士」との横のつながりなど、これまで受けてきた辛い目と同じだけ、いや、それ以上に楽しいこともあったのも事実。どんな辛いことがあっても、この楽しみがあるからこそブログはやめられません。

いろいろありまして最近はこちらの更新も少し滞りがちですが、「書く」という基本姿勢は全く変えてないしこれからも変えるつもりはありませんので、これからも、心に移りゆく四品仕事をそこはかとなく書き続けるこのページをよろしくお願いします。

そんな今日、12年目のスタートです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


Korea Football Magazine vol.25: AFC チャンピオンズリーグ準決勝

昨日の予告通り、AFCチャンピオンズリーグ準決勝第2戦の話を書いてみる。

本日行われたACL準決勝第2戦、蔚山-全北の韓国対決だが、その結果は、

蔚山 1-4 全北

全2戦合わせて1勝1敗。得失点差で全北現代がACL決勝進出をきめたもよう。

それにしても、第一戦アウェイで勝利して優位だったはずの蔚山がホームで全北に大敗するとは。こういうことがあるからトーナメントは恐ろしいわけで。

ちなみに、決勝戦は第1戦が11月1日に全北のホームで、第2戦が11月8日に全北のアウェイでそれぞれ行われる。結果はそのときにでも。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


Korea Football Magazine vol.24: 後期リーグ第9節

Kリーグ後期リーグ第9節の結果をまとめてみました。

蔚山 2-2 済州
全北 1-0 全南
光州 0-2 ソウル
水原 3-0 城南
慶南 1-0 釜山
大田 2-1 浦項
大邱 3-2 仁川

第9節が終わったところの後期リーグの順位上位6チームは

1 水原  20 6-2-1 +7
2 浦項  15 4-3-2 +3
3 ソウル 15 4-3-2 +3
4 仁川  15 4-3-2 +2
5 大邱  14 4-2-3 +3
6 蔚山  14 3-5-1 +2

残り4試合で水原が一歩抜き出た感じです。
年間順位上位6チームは、

1 城南  45 14-3-5 +17
2 浦項  37 10-7-5 +9
3 水原  36 9-9-4 +5
4 ソウル 31 7-10-5 +6
5 仁川  29 6-11-5 +0
6 蔚山  29 6-11-5 -2

浦項、水原あたりはプレーオフ進出の可能性は非常に高そうだが、FCソウルはまだまだ予断を許さない、といった感じ。

なお、Kリーグは後期リーグが残り4試合。最終節は11月5日に行われる。それまでの間、試合があるたびにここでも結果を書いていくことにしましょう。

ちなみに、明日はACL準決勝「蔚山-全北」の2nd reg。こっちの方も忘れてなければ明日ここに結果をアップする予定です。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


勝ったので♪

このタイトルでブログ更新するのは初めてだなw

3年ぶりのリーグ戦駒場。初めてのバックスタンド自由席での参戦。こんなところで負けてるようじゃ優勝なんか出来ないぞ。そんな格の違いを見せつけるような試合展開.....の割には余計な1点を与えちゃったところは猛省しなきゃ。

そして祝勝会は北与野の「スウィートバジル」にて、東葛チームと神奈川県西静岡サポチームとの祝勝会。またまた今日も初めましての方々とご一緒することが出来ました。こんな奴ですけど、これからのよろしくお願いいたします。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


明日、vs福岡戦@駒場

いつ以来の駒場だろう。
(レディースの試合で先週行ってるだろ、というツッコミはなw)

数年前はホームタウン優先販売でなんとかSB席をとってバックスタンド2Fで参戦していたのだが最近は駒場はあまり行けてなかった。6月の駒場の試合のときはナビスコ杯だったし、リーグ戦となるとホントにここ数年行った記憶がない。いつ以来かとここのバックナンバーを紐解いてみると、2003年8月30日以来、3年ぶりの駒場リーグ戦の参戦ということになりました。

そんな今日は、ブッフバルトが来季も続投か、というニュースも流れてきた。来季のACL遠征はブッフバルトとともに行きましょう。その来季ACLで対戦するかもしれない、韓国Kリーグも今週末開催されるので、結果が出たらそちらの方もここへアップしていきますのでよろしゅう。

埼スタでの試合が増えた最近では久しぶりとなった土日の駒場開催日。
そんな久しぶりの駒場でのリーグ戦参戦、みなさまよろしゅう。
リーグ優勝の栄冠を勝ち取るためにも、絶対勝ちましょう。
そして、試合後の祝勝会もよろしくお願いします。

天皇杯の日程が発表になった

天皇杯の4回戦以降の日程が決まった。

4回戦  11/04 13:00 駒場  vs静岡FC
5回戦  12/09 13:00 埼スタ
準々決勝 12/23 13:00 埼スタ
準決勝  12/29 15:00 国立 or 13:00 エコパ
決勝   01/01 14:00 国立

これをもとに、遠征スケジュールを立ててみよう.....
と思ったのだが、全然遠征がありません。準決勝でエコパになる可能性がないこともないが、これまでの傾向からしておそらく国立開催でしょう。まあ、来年早々にはACL遠征があるから、懐に優しいスケジュールということで納得しましょう。

さて、そんな近場開催の天皇杯であるが、果たして自分はどれだけ参戦できるのか。11月以降のシフトがまだ決まっていないので不確定な部分が多いのだが、

4回戦・・・・仕事のため不参戦確定
5回戦・・・・まだ未定だがちょっと怪しそう
準々決勝・・・まだ未定だがちょっと怪しそう
準決勝・・・・毎年の傾向ではこの日が仕事納めなので無理そう

というわけで、5回戦と準々決勝がダメなら最悪は決勝まで1試合も参戦出来ないということになってしまいそう。まあまだ未定の部分なので、もう少し後になってから悩みます。

めざせV2。今年も優勝して、来年のACLに向けて幸先の良いスタートを切りましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


きょうぽんは意味したかも(BlogPet)

きょうぽんは意味したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽん」が書きました。


埼スタ5周年

7日に行われたvsジェフ戦で「埼玉スタジアム2002 5周年」としきりにアナウンスしていた。こけら落としは13日だったからまだ5周年にはちょっと間があるなあ.....と、5周年の記事は13日にでも書こうかと思っていた。と、ふとここ「徒然草」のバックナンバーを見てみた。

■「埼玉スタジアム2002」見学会

こけら落としのマリノス戦の前に「見学会」をやっていたんだっけ。しかも自分が行った日がまさに「10月7日」。自分が初めて埼スタの門をくぐった日からちょうど5周年の記念すべき日だったんだ.....

そんなわけで、今から慌てて「埼スタ5周年」の記念記事を書くことにしました。これまでの埼スタでの出来事について思い出深い試合をいくつかピックアップしてみました。


2001/10/13 こけらおとし
・6万人の前で見せた「幼稚園サッカー」に悔しい思いをしながら当時あった「さいたま新都心行」バスに乗って帰ったいやなことが思い出される。しばらく観戦拒否も考えたんだけど、夜行バス&帰りの新幹線のチケットを買っていたので翌週の万博には参戦。

2002/6/3 ワールドカップ イングランド-スウェーデン
・会社の先輩など4人で観戦。観戦メンバー中唯一の地元民ということで、さいたま新都心のランチから埼スタまでの案内役を仰せつかる。

2003/6/4 さいたまシティカップ vsフェイエノールト戦
・後にも先にも、平日に仕事場から埼スタに直行した唯一の試合。さいたま市民優先枠でバックスタンド最前列にて観戦。
それにしても、今思えば夕方5時に退社なんて今では考えられない話だ...

2003/6/15 福田正博引退試合
・スパイクが空高く舞い上がっていくシーンでは自分も涙...

2003/11/29 vs鹿島戦
・終了直前にエメの同点ゴールで鹿島の優勝を阻止して、そのまま会社の新人歓迎会になだれ込んだ日。

2004/12/11 vs横浜M戦(チャンピオンシップ第2戦)
・「史上最大の声」で闘った試合。SC席での参戦だったが、ゴールが決まった瞬間はSC席でもまるでゴール裏のように、見ず知らずの人同士でハイタッチしまくったのは非常に印象強く残っている。

2006/4/15 vs京都戦
・サポミで知り合った仲間の話から自分なりに今後のサポート姿勢をいろいろ考えた上、「北ゴール裏」で参戦しようと決めて、初めて北ゴール裏で参戦した記念すべき試合。


まだまだ数え上げればきりがないのでこの辺で。これから先埼スタの歴史が積み重なっていくごとに自分の中での埼スタの思い出も一つずつ増えていくんでしょうね。

そんな、埼スタオープンから5周年。
俺たちのホーム、埼スタ、これからもよろしく。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


天皇杯3回戦

今日行われた天皇杯3回戦。3回戦からはJ2チームも加わり、いよいよ大会も本格化してきました。全部書くと大変なので、勝ったチームだけ列挙しておくと、

コンサドーレ札幌
Honda FC
愛媛FC
サガン鳥栖
モンテディオ山形
湘南ベルマーレ
ザスパ草津
徳島ヴォルティス
バンディオンセ神戸
栃木SC
ベガルタ仙台
静岡FC
YKK AP
柏レイソル

横浜FC、ヴェルディ、水戸、神戸が早くも初戦敗退ということになったもよう。

J1の18チームとこの3回戦突破の14チーム合わせて32チームが4回戦を戦うことになるわけだが、この4回戦でこの14チームのどれかと当たったと仮定して、どんな遠征ができるのか勝手に予想してみましょうか。

札幌と当たればたぶん室蘭かと。愛媛FCと当たれば、愛媛まで千島と南を見に行くというのもなかなか面白いかも。ザスパと当たってみんなで草津温泉につかりに行くのもいいかも。YKKと富山で試合というのも、ふだんのJリーグではめったに行かれないから面白いかも。

.....なんてそんな想像ばかりふくらんでしまう。でも、いろいろ考えたあげく昨年は初戦は駒場だったりしたのだが.....

まあ、正式決定をもう少し待ちましょうか。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


vs 千葉戦:ジェフに2年ぶりの勝利

このエントリーを書き始めたときにちょっといやな過去を思い出したのだが(詳細は追記で)、今日の勝利はそんないやな過去を吹き飛ばすものになりました。

いつもお世話になっています仲間の方々に今日もお世話になって、ゴール裏前段、前から9列目という位置で参戦させていただきました(その後席詰めした結果、前から5列目まで下がりましたが)アウェイでは前から2列目というのがあったけど、ホームゴール裏では過去最前列での参戦となり、ここでは手は絶対抜けない(普段手を抜いてるわけではないが)という思いをいっそう強くしてくれる、そんな位置。

先週の西京極での負傷で坪井が試合に出られないのが、坪井ユニを来ている自分にはちょっと残念だが、その分、今季初スタメンのネネががんばってくれて、無失点の勝利。得点はもう少し取れたような感じもあったけど、今日はジェフのキーパーが神懸かりのようなファインセーブ連発だったから。

さあ、これで今日はガンバが負けてくれたので2位に勝ち点差3をつけて首位。でも、ガンバとは最終節に直接対決を残しているわけだから、もっと勝ち点差をつけて、安定首位になりましょう。

残り8試合、自分がどれだけ参戦出来るのかまだ分からない試合もあるのだが、全力でがんばっていきましょう。
...read more

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


どうなる? 明日の千葉戦

エメがカタール国籍をとったとかいろんな話が飛び交う今日この頃、明日はホーム埼スタにてジェフ千葉戦。自分にとっては8月のFC東京戦以来、といってもこの日は試合途中からの参戦だったから、試合前からいるのは5月のナビスコ以来になるだろうか。

そんな明日、気になることが一つ。

どうなる? 浦和レッズのユニフォーム(ケータイWatch)

まあ、結論から言えば「今後しばらくは現在のユニフォーム」らしいが、「しばらく」っていつ頃まで? なんてやっぱり気になってしまうわけで。来季は違うマークが胸についてるんだろうな、きっと。

明日は試合前にREDS WAVEに行く用もないのでホントに久しぶりのフル参戦。大宮にてお買い物のあと、埼スタ到着予定は正午頃かと思われます。みなさまよろしゅう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


Korea Football Magazine vol.23: 後期リーグ第8節第2日

日本代表の試合のことは完全にスルーして
韓国Kリーグの話題を書くあたりは、このブログらしくていいかなw

そんなわけで、昨日に引き続きKリーグの話題を。
後期リーグ第8節の第2日が今日行われ、第8節を終わったところの正式順位が決まった。上位6チームの順位はこんな感じ。

1 水原(수원) 17
2 浦項(포항) 15
3 仁川(인천) 15
4 城南(성남) 13
5 蔚山(울산) 13
6 ソウル(서울) 12

この下にも勝ち点11のチームが4チームもあるのでまだまだ大激戦が続くものと思われ。

ちなみに、年間順位上位6チームはこんな感じ。

1 城南(성남) 45
2 浦項(포항) 37
3 水原(수원) 33
4 仁川(인천) 29
5 ソウル(서울) 28
6 蔚山(울산) 28

前期優勝でプレーオフ進出を決めている城南以外では、前期2位で後期も現在2位の浦項はプレーオフ進出の可能性が高そう。あとは水原と仁川あたりが進出する可能性が高そう。ソウルと蔚山はもう一歩がんばらないときつそう。

とりあえず今のところはそんな感じかな。この6チームのいずれかと対戦する可能性が高いといえるのかなぁ。まあ、ソウル、城南、仁川なら交通の便は全然問題ないのだが。水原もソウルから地下鉄が通ってるからなんとかならないこともないか。蔚山と浦項はソウルから行くのは辛いなあ。一度釜山に行って、釜山から蔚山や浦項へ行くというルートをたどることになるんだろうな。

次節、第9節は10月14日に行われます。結果はそのときに。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


Korea Football Magazine vol.22: 後期リーグ第8節

韓国Kリーグもだんだん佳境に入ってきました。来期ACLでレッズと対戦する(可能性のある)チームはどこになるのか見極めるため、そろそろKリーグの動向も気になるところ。

そんな今日は韓国内ではKリーグの後期リーグ第8節が行われた。こんな平日に.....と思う日本人は多いだろうが、今日10月3日は韓国では開天節(개천절)という祝日なのである(いわゆる「開国記念日」のこと)。ちなみに、10月は5日~7日までは秋夕(추석)という、韓国のお盆休みでやはり祝日。韓国では今週はさながらゴールデンウィークなのである。

そんなわけで今日行われた試合もデーゲームが多いようです。前回のエントリーで話題にあげた釜山は浦項に1-4で敗れ、後期リーグ10位にまで下がってしまった。一方浦項は後期リーグ2位。全部で13試合しかないリーグだから1試合の重みがかなり高そう。優勝するには1敗もできない、ある意味大激戦のリーグなのかも。

後期リーグ終了まで残り5試合。まだまだ優勝の行方は全然分かりません。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ


京都遠征第2日:千本鳥居と湯豆腐

京都遠征の第2日。今日は午前中は未だ1回も行ったことのなかった伏見稲荷のほうへ行ってみる。

伏見稲荷といえば、某氏曰く「2時間ドラマでよく事件が起こるところ」千本鳥居のあるところ。というわけで早速そっち方面へ行ってみる。行ってみた千本鳥居はまさに「鳥居のトンネル」。この鳥居のトンネルをくぐるうちになんだか異次元の世界に入ってしまうのではないか、そんな錯覚さえしてしまいそうな雰囲気。そんな中を進みながら今後のいろんなことを願にかけてお参り。

そしてもう一つの今日の目的地、南禅寺へ。南禅寺の綺麗な庭園に魅了されながら、そろそろ時間はお腹のほうを魅了させるお時間。昨日祇園で祝勝会をやった仲間と待ち合わせて南禅寺の「順正」で湯豆腐で昼食。湯豆腐コース料理を堪能してみました。湯豆腐もさることながら、コースで出てきた天ぷらや田楽、ごま豆腐などなどどれをとっても美味しいものばかり。庭園の綺麗さもさることながら、料理のおいしさも格別のお昼のひとときでした。

そんなことをしているうちにそろそろ現実に戻らなければならないお時間。帰りの東京行きの新幹線の時間が迫ってきました。蹴上から地下鉄を乗り継いで京都駅に戻りお土産をいろいろ物色。自分より1時間ほど早い新幹線で帰る仲間を見送った後、京都タワーのスタバ行脚をすませて自分も新幹線に乗って東京へ戻り、1泊2日の京都遠征終了。

今回の遠征は、大阪遠征のときに某氏が言った「遠征は大人の遊び」という言葉をそのまま堪能していった、そんな遠征でした。中学・高校と修学旅行で来て、これまでも遠征で何度か来ている京都だけど、今回ほど「京都という街そのものを堪能してきた旅」はなかったような気がする。中学・高校の頃には分からなかった「京都の良さ」というもののほんの少しでも分かるようになってきたのかな、そんな気がした、今回の遠征でした。また来年京都に遠征できるのかは分からないが、「大人の街京都」をもっと味わってみたいですね。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


京都遠征第1日:大勝&祇園の夜

自分が30代になってからは初めての京都遠征。
3年ぶりとなった今回の京都遠征。
今回は往復とも新幹線ひかり早特きっぷ&楽天トラベルで予約した駅前のホテルという、自分にしてはごく普通の手段での遠征となった。

朝一の新幹線で京都入り。現地西京極で仲間と待ち合わせの後シートの確認をして、昼食がてら近隣の散策へ。スタジアム近くにある「ダイヤモンドシティ・ハナ」というショッピングモール(川口のダイヤモンドシティ・キャラの系列かと思われ)まで歩き、なぜか韓国料理で昼飯を。簡単な韓国語のお勉強をしたりして、来年のACLでみんなで韓国料理を食べに行きたいね、などという話をしながら戦いのための鋭気を養い、スタジアムに戻る。あ、その前にスタバ行脚したのはお約束。

スタジアム入場。今回は爆心地の上の方にての参戦。スタジアムは日が出ているが真夏のような暑さはない。でも少々暑め。そんな感じの天候。

試合の方は5-1の圧勝。でも、混戦の中のゴールがほとんどでゴール裏ではゴールのシーンはほとんど分からず、「え、入ったの?」っていうような感じのゴールばかり。一番よく分かったのは失点のシーンだったりするのだが..... 試合に勝って大喜び.....なのだが、残念なのは坪井のケガ。担架のまま運び出されていったときには相当の重傷を覚悟していたのだが、3~4週間とのこと。あせらずじっくり治して、12月のガンバ戦には戻ってきてくれることを祈ってます。優勝の瞬間をともに分かち合えますように。

そんなわけで、試合終了後は仲間総勢9名で祝勝会。今回は仲間の方が予約してくれた祇園の「ちょっと格調高そうな雰囲気のお店」にてお食事会。ワインとビールを堪能しながら京料理に舌鼓なんて、3年前には体験出来なかったこと。すばらしい仲間のみなさんに感謝しながらの祝勝会でした。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

09 ≪│2006/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ