徒然草Annex
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009Kリーグ第17節

しばらく書いていませんでしたが、韓国Kリーグ第17節の結果を。

1試合はすでに5月30日に実施済みなので今回行われたのは6試合のみ。

済州 1-0 水原
仁川 1-1 全南
浦項 3-0 大邱
釜山 2-0 江原
全北 1-1 蔚山
大田 0-0 慶南

ACL準々決勝進出を決めた浦項は大邱に3-0の勝利。これでKリーグ6連勝で、いつの間にか4位にまであがってきました。

第17節を終えてのKリーグ首位はFCソウルで勝ち点33。ACL準々決勝進出を決めているFCソウルはリーグ戦でも首位をキープしているようです。2位は全北現代で勝ち点32。3位は光州が勝ち点29、4位は浦項が勝ち点28。以下、仁川、済州と続いているようです。

Jリーグ、Kリーグともに来週末に1節試合を行った後はしばし中断。その翌週はKリーグvsJリーグのオールスター戦が行われます。仁川まで見に行くという案はその日の夜中のお仕事のためにあえなく断念しておりますが、たぶんテレビ中継をどっかでみているんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


vs名古屋戦:消化不良の45分間

4月の京都戦以来の、仕事終了後の埼スタ入り。1時から始まった動作検証作業が予想以上にかかり一時はキックオフまでには終わらないかと思ったけどなんとか午後6時には終わり一路埼スタへ。

埼スタに着いて定位置にいくと.....すでに0-1のビハインド。残り45分の後半にすべてを集中。.....しかし、1点取られ、もう一点取られ.....終わってみれば0-3の敗北。今シーズン初めての連敗ということになってしまいました。

今日の試合は仕事明けのスタジアム入り、仕事場を抜け出せるのが一番早くて午後6時。そこから猛ダッシュで向かっても埼スタに着けるのは7時半。結局定位置につけたのはハーフタイムの時間帯でした。そんな状況での試合でしたが、試合に行くことができた喜びの一方で、スタジアムに45分しかいられなかった寂しさというものも感じた。試合の内容も内容だっただけになんとも消化不良な気分だけが残った試合でした。

しかしいろいろある世の中、こうやってスタジアムに行けるのも働くことができるから。その代わり平日に休みを取って広島や大分遠征に行けるわけですから。不定休のサラリーマンの悲しい性ですね。こればっかりは仕方ありません。

そして次戦はナビスコ杯準々決勝第2戦が日本平にて。平日に休みやすい職場とはいえさすがに毎回毎回休めるわけでもなく次戦は行けません。日本平に行けるみなさまに託します。準決勝のきっぷを持って帰ってきてください。

お疲れさまでした。

vs大分:やっちゃった~

1996年9月7日 西京極
京都パープルサンガ 1‐0 浦和レッズ

京都パープルサンガの連敗記録を17で止めた記念すべき試合。今日の試合はそれに匹敵する試合だったかもしれません。大分トリニータの連敗を14で止めた記念すべき試合です。


2009年7月18日 九州石油ドーム
大分トリニータ 1-0 浦和レッズ

はい。こういうネタであげるしかないでしょう。今節の試合は。ちなみに、今回の大分の連敗は4月4日のレッズ戦から始まった試合らしいです。レッズに始まりレッズに終わる.....

それだけではあまりにもなので、翌日のお話を。

翌日は帰りの飛行機まで時間があったので門司港方面へ行ってみる。以前1度来たことはある門司港駅であるが改めて来るとやっぱりこの駅は素敵です。関門トンネルの開通により九州と本州を結ぶ大動脈から外れてしまったがために当時の駅舎がそのまま残っている貴重な駅。何度来てもこの駅舎には圧倒されます。

そんな門司港での今回の一番の目的は駅舎そのものではなく「関門トンネル」。ここにある「関門人道トンネル」を歩いて本州と九州を歩いて渡ること。というわけで門司港駅前でレンタサイクルを借りてトンネル入り口方面へ行ってみる。10分ほど走って現れたのはトンネル入り口の建物。早速エレベーターで下に降りて本州・下関へ向かう。

やはり海の下のためかトンネルの中は蒸し暑い。そんなトンネルと歩くこと数分。見えてきたのはこんなところ。福岡県と山口県の県境です。普段ではまずお目にかかれることのないこの2県の県境を記念して1枚。

約800mのトンネルを歩くこと約15分。下関側に着いてトンネルをあがって地上に出るとそこは壇ノ浦。源平の合戦が行われたり幕末には下関戦争が行われた場所。そんな場所のためか下関側トンネル入り口付近には当時の大砲の跡などがあった。こうやって簡単に写真を撮っておりますが時代が時代ならここは要塞地帯だから写真を撮るなんてもってのほか。そんな戦争のない、かつての要塞地帯までサッカーの試合を見に来ることができる、そんな平和な世の中に生まれたことに感謝。

平和な世の中に感謝したあとはお昼の腹ごしらえ。というわけで再び門司港へもどり門司港名物焼きカレーを。初めて食べた焼きカレーでしたがなかなかのお味でした。東京でもどこかで食べられるところはないですかね~

そんなこんなしているとそろそろ帰りの飛行機の時間。再び博多まで戻り福岡空港から帰京。今年2回目の大分。1泊2日の遠征。試合の方は残念でしたがそれ以外のところではけっこう充実した遠征でした。またこうやってみなさんと遠征にいけるといいですね。

お疲れさまでした。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


新部長面談

定期人事異動でわれわれの部長が新しくなって3週間。新しい部長との面談が行われた。

部長が替わるという話を聞いて一番最初に思ったことが「早く新しい部長といろいろお話をしたい」ということ。面談という話がなかったとしても個人的にお話をしたかったところだったので、こういう機会を与えてくれたことは非常に嬉しい。というわけで、新しい部長との面談が行われた。

自分のこれまでの3年間にあったいろいろな出来事もすでに新部長は把握済み。自分もその話を新部長に聞いてもらいたいがために面談をしたかったわけだし、これまでの経緯を包み隠さず自分の言葉で話してみた。

今回の面談は「自分の現状を新部長にかってもらいたい」というのが一番の目的だったのだが、改めて自分の言葉でこれまでの経緯を話してみて、なんとなく自分の中での心の整理をしているような気分になってきた。起きてしまった過去を変えることはできない。だから、あの出来事はいったい何だったのか、それを自分の言葉で説明することによって自分の中で整理をして次へ進もうとしているのかな、そんな気になった今日の面談でした。

今日の面談を通じて思ったのは、新しい部長が予想以上に今の自分のことを知っててくれていたこと。そしてこれまでの部長が予想以上に自分のことを分かってくれていなかったということ。これからの生活にほんのちょっと期待が持てるようになった、そんなひとときでした。

ふっかつのじゅもん

ふっかつのじゅもん。それは.....「せんきょ」。

次期衆議院議員総選挙の投票日が8月30日(日)でほぼ決まったらしい。まあ、選挙の結果そのものにどうこういう、そんな政治的は話は自分には難しすぎてよく分からないのではありますが。

その選挙の投票日が決まったことを受けて、仕事場の来月の暫定シフトが出てその打ち合わせが行われた。その結果、その選挙に関連した大きなお仕事の一つを自分が担当することになった。

今回この仕事を担当することが決まり正直とても嬉しかった。それは、今から3年ほど前に始まった一連の事件にて仕事場で2回の「ギブアップ宣言」をして以来初めてこの手のお仕事をやらせてもらえること。一歩ずつ焦らずゆっくりと進んでいった結果やっとこの手のお仕事を担当させてもらえるくらい復活してきたということが周囲からも認められたということでしょうか。

2回のギブアップ宣言でどん底まで失った自分に対する信頼を2年半かけてどれだけ取り戻せたのかは分からないけど、それを周囲が認めてくれたから今回声がかかったものと思っている。自分にとってはこれが本当の意味での復活の第一歩。このお仕事が無事に終わって本当に薬を飲まなくても大丈夫と胸を張って言えるようになったとき、本当に「卒業」ということになるのかな。

長いことかけて築き上げてきた「信頼」を壊すのはあっという間です。だからこそ、その関係を壊したくないから真剣に「本音」でぶつかってきてくれる、そんな友人がいてくれることには本当に感謝しています。自分が間違った道へ進もうとしていたときに本音で忠告をしてくれたり、自分が思い悩み苦しんでいたときにそっと優しい言葉をかけてくれた。そんな友人には本当に心から感謝しています。

お仕事だけでなく、人間関係も同じような気がします。目の前で大きな山が崩れそうになっている今日この頃、なんとかして崩れてしまわないように必死で押さえようとしてがんばっている、そんな方々の本音の忠告はアナタにどれだけ伝わっているのでしょうか?

一度壊れた「信頼」を取り戻すのは簡単ではありません。自分にとって「せんきょ」がその信頼を取り戻す「ふっかつのじゅもん」になるよう、本気でがんばっていきたいと思います。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


がんばれ春高! 2009夏の高校野球

今年の夏の高校野球埼玉県大会。しばらくブログの更新ができなかった間に2試合が終わってしまったのでまとめて書いてみる。

1回戦 7月11日(土) @岩槻川通公園野球場
春日部 14-0 栗橋 (5回コールド)

2回戦 7月13日(月) @岩槻川通公園野球場
春日部 0-3 羽生一

昨年は準決勝まで行った我らが春高も今年は2回戦で敗退。早くも今年の甲子園の夢を潰えてしまった。

ここ数年はかなりいいところまで行っていたのだが、3年経つと選手ががらりと変わってしまう高校野球の悲しい性なんでしょうかね。でもまた来年、夢が現実のものになることを信じてますから。また来年もがんばっていきましょう。

春高野球部のみなさま、お疲れさまでした。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ


2009Kリーグ第14節

韓国Kリーグ第14節の結果を。

光州 2-3 全北
江原 1-2 浦項
仁川 3-3 済州
水原 1-0 城南
大田 1-0 全南
慶南 1-1 蔚山
釜山 2-2 ソウル

首位光州と3位の全北との対決は3-2で全北が勝利し首位との差が詰まってきました。首位は勝ち点29の光州、2位は勝ち点27の全北、3位は同じく勝ち点27のソウルと続いている。

そんな韓国Kリーグと日本のJリーグとの試合、JOMOCUP2009は今年も開催されるそうな。

日時:8月8日(土)
場所:仁川文鶴競技場(仁川ワールドカップ競技場)

2002年ワールドカップの開催地となったスタジアムで、現在は仁川ユナイテッドがホームスタジアムとして使用している。まあ、これを読んでる人の中で何人がわざわざ見に韓国まで行くかは分かりませんが、数年前に自分がこのスタジアムへ行ったときの様子はこちらへ。

かくいう自分はこの時期に夏期休暇として韓国へ行ってその後1週間ほどソウルの語学学校へ韓国語の夏期講座を受けに行こうと思っていたのだが、もろもろの事情のためそれは中止。たぶんこの時期は普通にお仕事でしょう.......ね。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


vs山形戦:9年ぶりの山形遠征

いよいよやってきました。9年ぶりの山形遠征。
前回の遠征といえば2000年5月。J2で連勝を重ねてきたレッズが初めての黒星を喫したとき。その日の山形のローカルニュースのトップは「モンテディオ、レッズに勝利」だったっけ。

午前5時にさいたまを出発。東北道・山形道を経由して約4時間ほどで天童到着。天童駅前の宿へチェックインのあとスタジアムへ移動。屋台村で過ごすも燃料が足りなくなったためスタジアム近くのスーパーへ燃料補給の旅。そこで勝ってきた燃料はこちら。さすが山形。佐藤錦のチューハイです。とてもおいしくいただきました。まぁ、これではとても足りず、500mlの缶ビールも買ってきていますが。

午後4時開門。しかしなかなか列ははけない。それもそのはず。列の最後尾はサブグラウンドを超えて運動広場の方まで行っていたようで。それだけたくさんのレッズサポが今日の試合を待ち望んでいたんでしょうね。そのせいか今日のゴール裏は最近ではなかなか見かけないくらいにすし詰め状態。スタジアム内に場所を確保してから試合終了まで一歩も動かなかった(動けなかった)なんていうのは最近ではなかなかないことです。

前半先制されていやなムードが漂うも終了間際のPKを決めて同点で折り返し。すると後半は高原が確変状態の2ゴール。特に1点目はかなり横の方からのシュート、ゴールの瞬間、まさか入ったとは思いませんでした。またサイドネットを揺らしただけかと一瞬でも思ってしまった自分を許してくださいw

試合のほうは3-2の勝利。前回自分がここへ来たときは負け試合だったから、これで自分にとって山形初勝利。この調子で次のホーム埼スタ、そしてその次の大分遠征も勝っていきたいものです。

試合終了後は天童駅前の某焼肉店にて大祝勝会。アウェイの地でこれだけ多くの方と祝杯をあげるというのもなかなかない機会。そんな機会を作ってくださいました方々に感謝。というわけで、そんな祝勝会からの1枚はこちら。ニクーの写真は他に方があげると思うので自分はビビンバの写真をあげてみるw 韓国で培った技で(笑)誠心誠意混ぜてみました。調子に乗って隣のテーブルのビビンバも混ぜてしまったりしてwww

アウェイの地に行くと大抵は冷遇されることに多いものですが、山形の方々は近年ではなかなか目にしないくらいに「大歓迎ムード」でしたね。どかかのアウェイのスタジアムではスタジアムDJが「我々はレッズサポーターのご来場を心から歓迎します」とアナウンスすると同時に「嘘つけ~」とやじられることがありますが、ここは本当に「大歓迎」でした。試合当日は朝から天童のまちをレッズサポーターが闊歩していたようですし、試合翌日も山寺は半分近くがレッズサポーターだったとか、実際我々が翌日に行った銀山温泉にもレッズサポーターがいたし。いったいレッズサポーターはこの週末、山形にどれだけのお金を落としていったのでしょうか。そんな統計を取ってみるのもおもしろいかもしれませんね。

2週間後の大分。またまた多くのサポーターが大分に行くんでしょうね。次もしっかりと勝ち点3は持って帰りましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。