徒然草Annex
AFCチャンピオンズリーグ2009準決勝

第1戦 名古屋グランパス 2-6 アルイテハド
第2戦 名古屋グランパス 1-2 アルイテハド

名古屋グランパスは残念ながら決勝進出はなりませんでした。

はい、日本のチームの結果終了。このブログでは当たり前のようにKリーグの浦項スティーラーズの結果をまとめてみます。

第1戦 浦項スティーラーズ 2-0 ウムサラル
第2戦 浦項スティーラーズ 2-1 ウムサラル

というわけで、浦項スティーラーズは決勝進出。11/7、東京・国立競技場で行われる決勝戦で、名古屋に勝ったアルイテハドと闘うことになりました。

ということは.....ちょっと楽しみなのはこの選手。

岡山一成

1997年にマリノスに入って以来数々のチームを渡り歩いた岡山。個人的にはJ2時代の柏レイソルで「オカヤマ、柏に、家買っちゃえ!!」のゲーフラが妙に印象に残っている。昨年は仙台に在籍し、今年の元日の天皇杯決勝に柏が出場したときには柏のゴール裏にいたらしいですがその後浦項に移籍したようです。

そんな、今年の元日には国立のゴール裏にいた岡山が11月にはアジアチャンピオンを決める試合でその国立のピッチに立つかもしれない。というわけで注目しないわけにはいきませんwww

では、実際に出場する可能性はあるのか。ここ最近の浦項の試合の出場選手を浦項オフィシャルから調べてみました。


10/17(土) リーグ vs江原FC
 スタメンでフル出場。チームは1-0で勝利。

10/21(水) ACL vsウムサラル
 ベンチ入りするもスタメンには入れず。

10/24(土) リーグ vs光州
 10/21にACL出場したメンバーは出場せず11人スタメン全員入れ替えたため、岡山もスタメンフル出場。前半16分、コーナーキックをヘディングで決めてKリーグ初ゴールをあげた。

10/28(水) ACL vsウムサラル
 ベンチ入りするも試合には出場せず。


いわゆる「ベストメンバー規定」のない韓国のためこの過密スケジュールの中でターンオーバー制をしいているようで、岡山はリーグ戦要員といった印象を感じる。するとACL決勝はベンチ入りはしてもスタメンで出ることはないのかな、なんて考えもでてしまうのだが、せっかくの機会だからぜひ岡山には出場してもらいたいものです。

というわけで、この試合を国立まで見に行くかどうしようか結構迷っている自分でした。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


2009Kリーグ第29節

いよいよラス前、Kリーグ第29節の結果をまとめてみる。

江原 1-2 大田
水原 1-1 全北
光州 2-3 浦項
大邱 0-1 蔚山
仁川 0-1 ソウル
慶南 4-1 城南
全南 0-0 済州

首位全北は水原に引き分けて正規リーグ2位以内が確定。これでプレーオフを含めても3位以内になることが確定し、来年度のACL出場権を手に入れることとなりました。

それ以降の順位はこんな感じ。

1 全北 54 16-6-5 24
2 ソウル 52 16-4-7 20
3 浦項 50 13-11-3 21
4 城南 42 12-6-9 3
5 全南 41 11-8-8 2
6 慶南 40 10-10-7 8
7 仁川 40 10-10-7 1

3位の浦項までがプレーオフ進出確定。残り3枚のきっぷは前節に引き続き城南、全南、仁川、慶南の4チームで争われることになる。

そんな最終節の組み合わせはこんな感じ。
試合は11/01(日)全試合午後3時キックオフ。

大田 - 光州
全北 - 慶南
浦項 - 水原
ソウル - 全南
城南 - 大邱
済州 - 江原
釜山 - 仁川

.....そうか、「全北現代」が来年度のACL出場を決めたか。

2年前の全州遠征で知り合いになった全州在住の全北現代サポーターの彼はアウェイ遠征で日本にやってくるのかなぁ.....

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 大宮戦: 選手のためにできること.....

2週前の松本山雅戦に匹敵するくらいの出来の試合。もはやいつが一番だか分からなくなってきてますが、最悪な試合でした。

試合内容もさることながら、やっぱり気になるのはスタジアムの雰囲気。

どうして「さいたまダービー」になると変な気合が入る人が現れるのだろう?

「さいたまには浦和だけ」の歌こそなかったがリスの遺影やお墓のビラを来たゴール裏コンコースに貼り付けたり。あれを見たレッズサポーターが「今日もレッズを勝たせるためにサポートするぞ」と奮起されるのでしょうか? いつぞやの埼スタ鹿島戦で鹿島サポが見せてくれた「人文字」。あれと同じようなことを我々もやっていませんか?

どうして先制されると選手を鼓舞する声より選手をやじる声の方が大きくなるのだろう?

場内のあら探しをするつもりはないから「どこがヌルかった」などと言うつもりはないが、先制されたとたんに選手に向けてのコールやチャントには声を出さず選手をやじることに一生懸命になる方がいらっしゃるようで。まだ試合中、逆転のチャンスはいくらでもあるはず。だからその声を「選手を後押しする」ために使いませんか。試合終了後に大ブーイングができるくらいの体力が有り余っているなら、その分の少しでもいいから、選手を後押しするために使いませんか。

来週は秋田に行く予定だったのだが諸事情により秋田へ行けなくなったためさいたま居残り。というわけで来週は秋田ではなくNACK5スタジアムにても行ってみようかな。改装されてからはまだ1回も行ったことがないし。そして翌日は先日優勝を決めたレディースの今季最終戦。秋田遠征の予定だったので最終戦にも行けないはずだったのだが、秋田遠征がなくなったためレディースの最終戦にも行けるようになりました。秋田遠征に行く予定だったみなさま、ぜひ11/1(日)は埼スタへ行きましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


さいたまダービーは3局同時中継

今度の日曜日は今季最後のさいたまダービー。

まあ、さいたまダービーにかける自分の意気込みは以前から全然変わっていない。もう「アノ歌は自分には歌えない」とかここでも何度も言ってることなので今更書いても仕方ない。そこで今日は別な話。

Jリーグオフィシャルサイトの「ラジオ中継」のページを見ていたら、今回のさいたまダービーはラジオ3局で同時中継されることが分かった。NHKさいたまFM、NACK5、そしてREDS WAVEの合計3局。

ではでは、それぞれの局の中継はどんな感じなのか、局オフィシャルサイトからの情報を抜き出してみる。

まずは、NHKさいたまFM (浦和:85.1MHz、秩父:83.5MHz)
http://www.nhk.or.jp/saitama/info/091025_j.html
14:50-17:00
解説 荒川裕治(スポーツライター/(財)埼玉県サッカー協会・広報委員)
実況 渡辺裕之(さいたま放送局アナウンサー/「週刊☆サッカー王国」担当)
ピッチリポート 工藤むつみ(さいたま放送局リポーター/「週刊☆サッカー王国」担当)

続いて、NACK5(さいたま:79.5MHz、秩父:77.5MHz)
http://www.nack5.co.jp/timetable/program736.shtml
14:50-17:00
パーソナリティー:加藤暁(実況)、城彰二(解説)、大野勢太郎 小嶋亜由美 有賀久子

そして、REDS WAVE(浦和:78.3MHz)
.......あれ、まだ全然情報が載ってません.....

そうか、REDS WAVEはレッズのことを伝えるのが当たり前だから今更WEBで情報を伝えるまでもないってことか。さすがです。REDS WAVE.....

註:10/23 14:37 REDSWAVEオフィシャルにも情報が掲載されましたので、アップ。
★「REDSWAVE Power Of Stadium2009」
   Jリーグディヴィジョン1第30節「浦和レッズ対大宮アルディージャ」

   ・・・14:30~17:00(延長の場合あり)
      18:00~19:55(リピート放送)         

そんな3局同時中継となるさいたまダービー。どの局に軍配が上がるかは調べようもないが、こういうラジオ番組がきっかけとなってレッズの試合を実際に見に行ってみようという人が出てきてくれるといいですね。

我々も昔はそういう気持ちを込めて番組を作っていたものだが.....
どこでどう間違えてしまったのだろうか?

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


2009Kリーグ第28節

Kリーグも大詰め、第28節の結果です。

浦項 1-0 江原
蔚山 0-1 慶南
ソウル 2-2 釜山
全南 2-0 大田
全北 2-0 光州
済州 0-2 仁川
城南 3-2 水原

首位全北は勝利で首位安泰。しかし3位の浦項も勝ったため今節での全北の2位以内はまだ確定せず。

それ以外の順位はこんな感じ。

1 全北 53 16-5-5 24
2 ソウル 49 15-4-7 19
3 浦項 47 12-11-3 20
4 城南 42 12-6-8 6
5 全南 40 11-7-8 2
6 仁川 40 10-10-6 2
7 慶南 37 9-10-7 5

8位以下は勝ち点で6位の仁川より上に行けないためプレーオフ争いの脱落が確定。現在のところプレーオフ進出が確定しているのは全北、ソウル、浦項の3チーム。残り3枚のきっぷは城南、全南、仁川、慶南の4チームで争われることになる。

そんなKリーグも残り2節。今週末(10/24,10/25)に行われる第29節、そして11月1日に行われる最終節の2節。また気が向いたら結果をまとめてみることにします。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 新潟戦: スミ1

前半0分に決めた1点を守り抜いて1-0の勝利。
野球にたとえれば1回表の1点だけで1-0で勝ったようなものか。まさに「スミ1」の勝利ですな。

今回の遠征、先週があんな試合のあとだったし、自分の中でもいろいろあったので正直行くのがちょっと怖かった。でも、開始第一声で We are REDS! コールをやった瞬間にいろいろな迷いが吹き去ったような気がした。その直後に決めたエジミウソンのゴール。これで「今日の試合はもらった」と思えてきた。まあ実際は試合終了するまでハラハラの連続ではありましたが。

2週連続のドライブ遠征。しかも両方とも自分の車で行ったというのはかなり久しぶり。先週の松本遠征では726.2km、今週の新潟遠征では798.4km。2週合わせて1524.6km走った愛車スパシオ君に感謝。そして同乗してくださったみなさまに感謝。これで今季の車遠征は最後ですが、また来年もよろしくお願いします。

試合終了後は翌日のサテライト vs草津戦@嬬恋に行くために新潟ではなく湯沢に宿泊。温泉につかり祝杯をあげながら、宿のゲームコーナーでなつかしの「ボンバーマン」で遊んでみる。なかなか至福のひとときでした。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


14周年

遠征に行ったりしていてすっかり忘れていたのだが、今日は10月19日。1995年の今日、ちょっとした思いつきで始めたWEB日記「徒然草」が、気づいたら今日で14周年ということになりました。

始めたときはまだ大学4年生の22歳。今は社会人12年目の36歳。36年のうち14年間書き続けていると言うことはすでに自分の人生の3分の1以上をこうやって書き留めていることになるんですね。

最近はなかなか更新することができないでいるのですが(新潟遠征の話とかまだ書いてないし)、こんなブログでもまだご覧いただける方はいらっしゃるようで、先日の松本遠征のときにはスタジアム内で初めてお会いした方から「ブログ見てます」と言われました。初めましての方にああいう形で声をかけられたのはかなり久しぶりだったのでとても嬉しかったです。このような、ブログを書いていなければ知り合うこともなかったような方々との出会いは大切にしていきたいものです。これからもよろしくお願いいたします。

今年が14周年ということは、来年は記念すべき15周年。来年の今頃は15周年記念で大イベントが......行われるわけはないですなwwwww

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


2009Kリーグ第27節

Kリーグのほうも終盤戦を迎えてきました。そんな今回は第27節の結果を。

.....の前に、ACL準々決勝のために開催延期になっていた浦項vsソウル戦の結果。

浦項 3-2 ソウル

そして、10月11日、レッズが松本山雅に負けた日に行われた第27節の7試合の結果。

江原 1-3 全北
水原 1-0 蔚山
慶南 3-0 大邱
釜山 3-0 済州
仁川 2-1 大田
光州 2-3 城南
全南 1-0 浦項

今節試合のなかったFCソウルは今節勝利した全北現代に勝ち点で抜かれて首位陥落。

1 全北 50 15-5-5 22
2 ソウル 48 15-3-7 19
3 浦項 44 11-11-3 19
4 城南 39 11-6-8 5
5 全南 37 10-7-8 0
6 仁川 37 9-10-6 0
7 慶南 34 8-10-7 4
8 蔚山 33 8-9-9 3
9 水原 31 8-7-10 -1

Kリーグは残り3節だがチーム数が奇数のため試合消化に若干ばらつきがあり、上位陣の中では蔚山のみ残り試合数は2でそれ以外のチームは残り試合数が3となっている。

ということは7位の慶南は最大勝ち点が43なので、それより勝ち点が上まっている全北、ソウル、浦項はプレーオフ進出が決定したもよう。さらに首位の全北は4位の城南の最大勝ち点48よりも上のためリーグ3位以内が確定。次節全北が勝利し浦項が引き分け以下もしくは全北が引き分けて浦項が負けるとリーグ2位以内が確定し、来年のACL出場が確定することになります。

もうそろそろ来年度のACL出場チームが決まってくる時期になったんですね。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


天皇杯2回戦: 残された目標は.....

考えたくもないことが現実になってしまいました。

チーム史上初、アマチュアのチームに公式戦で負けた日。そんな記念すべき日に現場に立ち会えたことを非常に嬉しく思います。いつぞやの、ゴールに喜んでいる間に相手にゴールを決められた日、相手選手にリフティングで遊ばれた上にゴールを決められた日、それに匹敵するくらいの日だったかもしれませんね。

今回の遠征、朝から夜までいろんなことがありまくりで試合内容も散々だったので、正直試合終了後からかなりヘコんでいました。もし一人で遠征をしていたらきっと松本の宿から一歩も出ることができず一人泣きまくっていたかもしれません。でも、仲間とともに夕食を取りながら愚痴っている間に気分は少しは和らげました。そんな仲間と巡り会えたことに大感謝。2日間の遠征、大変お疲れさまでした。

というわけで、天皇杯も終わってしまったので自分にとって残された目標は一つ。前回もちょっと書いた「ホームコンプリート」の件。

10/25 (日) 15:00 vs大宮アルディージャ
11/21 (土) 14:00 vsジュビロ磐田
12/05 (土) 15:30 vs鹿島アントラーズ

この3つに行ければ自分にとって史上初の「ホームコンプリート」が達成できること。ここまで来たらホームコンプリートを目指すしかない。10/25は仕事はお休みなので問題なし。11月以降はまだシフトが確定していないのだが、天皇杯がなくなったことで11/14,15を出勤日にしてもらえれば11/21をなんとか休みにできるのではないかと予想。12/5 はちょっと厳しい予想があるのだがここまで来たらなんとしてでも休みにしたい。

そんな残された目標の達成を目指して、残り試合もがんばっていきましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


明日、天皇杯2回戦

明日、いよいよレッズの天皇杯が始まる。

05/06,06/07に天皇杯2連覇してからは早々と敗退してしまっているので、今年こそ12月まで試合を続けたい、いや、元日まで試合を続けたいものです。

今年は2回戦からの出場ということで対戦相手もJ2ではなく北信越社会人リーグ所属の「松本山雅FC」。正直言って、どんなチームだか全然分からないので非常に難しい。大量点で勝つかもしれないし、初めて対戦する相手に足下をすくわれて.....なんて発想が出てしまうところが何ともはや.....

そんな明日は久しぶりのけーたか号を出動させてのドライブ遠征。中央高速の渋滞が非常に心配ですが、まあなるようになるでしょう。せっかくだからそのまま松本に1泊してのんびり帰ってきます。温泉、そば、非常に楽しみです。

そんな明日の松本遠征、みなさまよろしくお願いいたします。
勝ちましょう!

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


2009韓国FAカップ準決勝

韓国FAカップ準決勝が10月7日に行われたので、その結果をまとめてみる。

大田シチズン 0 : 1 城南一和 (大田ワールドカップ競技場)
得点:
- 城南 : Mauricio Molina (前半 30分)

水原三星 3 : 0 全北現代 (水原ワールドカップ競技場)
得点:
- 水原 : チアゴ(前半 36分), 金斗(後半 8分), オウンゴール(万厚良)(後半 48分)

2007年ACL準決勝城南一和戦には城南の選手として出場していた金斗が水原に移籍したようで、この準決勝で1ゴールあげて勝利、決勝で古巣城南と対戦することになったようです。

というわけで、決勝は 11月8日、水原三星vs城南一和の闘いとなった。試合会場、キックオフ時刻はまだ未定だそうな。日本の天皇杯はすでに決勝の日時場所決まっているのに、対戦チームが決まってもまだ会場すら未定というのが韓国らしいといえば韓国らしいか。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


台風襲来

台風18号が今日午前5時すぎ、愛知県・知多半島付近に上陸した。そのまま台風は本州をほぼ縦断して10月8日午後1時現在で福島県内にいるもようです。

エースナンバー18番をしょっているだけにこの台風も大型の台風のようで、いろいろなところで被害が出ているようです。首都圏では台風による強風のため、山手線・京浜東北線をはじめ首都圏のほとんどのJR線が運転を見合わせたようです。東北線・高崎線・京浜東北線・埼京線が運転を見合わせたということは、埼玉から東京へ行く手段がほとんどなくなってしまったということで、通勤の足がかなり乱れたようです。

.....と、こんな日が先日の日曜出勤の代休日となっていてお休みだった自分は自宅にてそんな台風関連のニュースをテレビでずっと見てました。今回の台風で被害に遭われました方々にお見舞い申し上げます。そして、今日お仕事だったみなさま、お疲れさまでした。

でも、今日は自分は月に一度の通院日のため夕方には都内へ行かなければならないんですが。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


2009Kリーグ第26節

韓国の祝日「チュソク」の最中に行われたKリーグ26節の結果を。

大邱 1-0 水原
全北 2-0 全南
城南 3-0 江原
釜山 2-1 大田
蔚山 2-0 光州
済州 0-2 ソウル
浦項 2-2 仁川

上位陣は順当に勝ち順位に大きな変動はなし。

1 ソウル 48 15-3-6 20
2 全北 47 14-5-5 20
3 浦項 41 10-11-2 19
4 城南 36 10-6-8 4
5 全南 34 9-7-8 -1
6 仁川 34 8-10-6 -1
7 蔚山 33 8-9-8 4
8 慶南 31 7-10-7 1
9 光州 30 9-3-12 -1

そして日本では天皇杯2回戦が行われる今週、韓国では「韓国版天皇杯」ともいうべき「韓国FAカップ」の準決勝が10月7日(水)に行われる。

19:30 大田 vs 城南 @大田ワールドカップ競技場
19:30 水原 vs 全北 @水原ワールドカップ競技場

この「韓国FAカップ」も日本の天皇杯と同様、優勝チームは来年のACL出場権が得られる訳で、こちらの方も注目していきましょう。

ちなみに、先日のACL準々決勝に出場するために試合延期となっていた

浦項 vs ソウル

この試合も同じく10月7日に行われるそうな。

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 千葉戦: あと3つで.....

9月13日、モンテディオ山形戦以来のホーム埼スタでの勝利。

阿部勇樹の同点フリーキック。エジミウソンの逆転ゴール、そして最後は後半40分、高橋峻希のJ初ゴールで3得点。3-1で見事勝利となりました。

しかし、3点ともきれいなゴールでした。阿部ちゃんのゴールは自分のところからは陰になって全然ボールの軌道が分かりませんでしたが。でもやっぱり一番嬉しいゴールは、既にいろんな人が書いているように高橋峻希のJ初ゴールでしょうね。昨年の今頃はユースとして高円宮杯決勝、埼スタで名古屋グランパスU-18相手に2ゴールあげて9-1で勝利して見事優勝したわけで、あれから1年でついにプロで初ゴールをあげるようになった。そんな若手のこれからの活躍に大いに期待しましょう。

そして自宅に帰ってきて改めて気づいたことが一つ。

今シーズンのホームゲームはこれまでリーグ戦が14試合、ナビスコ杯が4試合。合計18試合に今のところすべてスタジアムに行っているということ。ということは、

10/25 (日) 15:00 vs大宮アルディージャ
11/21 (土) 14:00 vsジュビロ磐田
12/05 (土) 15:30 vs鹿島アントラーズ

残り3試合に行くことができれば初の「ホームコンプリート」ということになります。自分がレッズ戦に行くようになって10年、当初は「行くこと」さえもままならなかったのがいつの間にか行くことが日課のようになってきて気づいたらコンプリートまであと3試合というところまでやってきた。ここまできたらなんとしてでもコンプリート、達成したいですね。

そんな次戦はリーグ戦はお休み、天皇杯2回戦、松本山雅F.Cとアルウィンにて。天皇杯でないとなかなか行くことのできないスタジアムへの遠征、しかも相手チームのホームスタジアムで闘う「アウェイ戦」ですが、こちらもがんばっていきましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


AFCチャンピオンズリーグ2009準々決勝

名古屋 3-1 川崎

名古屋グランパスが準決勝へ進出しました。

はい。日本のチームの結果終了。このブログではやっぱりどうしても気になってしまう韓国勢の結果をまとめてみます。

まずは浦項スティーラーズの試合結果。18:30より浦項のホーム、浦項スティールヤードで行われた試合の結果。

浦項スティーラーズ 4-1 ブニョドコル(ウズベキスタン)

第一戦アウェイでは 1-3 で敗れた浦項だったがホームで3点差つけて勝利し準決勝へ進出しました。準決勝の対戦相手はもう1つの韓国勢の試合の勝者とということになります。というわけで、そのもう一試合、浦項の試合が終わった直後にFCソウルのホーム、ソウルワールドカップ競技場で行われた試合の結果です。

FCソウル 1-1 ウム・サラル(カタール)

第一戦アウェイで 2-3 で敗れホームでも勝てなかったためFCソウルはここで敗退が決定。ウム・サラルが準決勝進出を決めました。

今日の試合、日本のチームの試合はBS朝日で中継していたけど当然ながら韓国勢の試合を日本のテレビが中継するわけもなく、韓国Yahoo等を見ながらずっと途中経過を追いかけていた。まあ、実際のところ、途中経過もほとんど追うことはできなかったのですが.....

その代わり見つけたのがこんなニュース。

정조국의 연인 김성은, `FC 서울 4강 진출을 향한 외침`
(チョン・ジョグクの恋人キム・ソンウン「FCソウル4強へ向けた叫び」)
30日夕方、ソウルワールドカップ競技場で「AFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦 FCソウルとウム・サラル(カタール)の試合が行われた。FCソウル、チョン・ジョグクの恋人キム・ソンウンがFCソウルサポーターの中で熱烈な応援を繰り広げていた。

FCソウルのFWチョン・ジョグク選手の婚約者で女優のキム・ソンウンがソウルワールドカップ競技場でこの試合を観戦していたそうな。

ちなみに、その試合を様子を伝える韓国Yahooに載っていたダンナの写真はというと.....

정조국, `4강 실패의 허탈함`
(チョン・ジョグク「4強失敗の虚脱感」)

試合をやってるダンナの写真よりも奥さんの写真の方が大きい.....

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

09 ≪│2009/10│≫ 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ