徒然草Annex
vs甲府戦:埼スタの楽しみ

やっと無事に行くことができました。我らがホーム、埼玉スタジアム2002。
前日からの泊まり勤務は順調に終わり午前11時頃には仕事場を脱出。都内で昼食のあと地下鉄にて浦和美園まで。仕事場から埼スタ直行のときにはよく通る道なのだが、数ヶ月ぶりに通る道なのね。

おかげで、開門前の前日抽選のみなさんが入場している頃にはスタジアム到着。自分は北門広場にて開門前に出会った仲間と談笑。そして午後2時に開門。われわれもスタジアムに入るとそこにもいつもの仲間がいつものところに。そこでもビールを飲みながら仲間を大いに語らい合う。先々週の等々力はキックオフ40分前の到着、先週の国立はキックオフ直前の到着だったからこうやって試合前の時間をすごすのは非常に久しぶり。我々のホーム埼スタでこうやって試合前から楽しむのもかなり久しぶり。

この日の観衆は31,077人。3万人もの人がいればスタジアムの楽しみ方は3万通りあることでしょう。もちろん、レッズを勝たせるために応援することが一番の目的なのではあるが、自分の場合のスタジアムの楽しみ方は、こうやって試合前や試合後などに仲間と出会って楽しく語らい合う時間を過ごすことができるというのが大きいような気がしている。

ここ数ヶ月なかなか埼スタに行けず、ちょっと前なら「試合は行けないけど試合後(の飲み)なら行けるかも」なんて言いながら仕事終わりで浦和の街に繰り出したりしたものだが最近はなかなかそれもできず。非常にもどかしい日々が続いたのだが、この日は開門前から埼スタを思いっきり楽しむことができたおかげで、試合が終わって自宅に戻ってきた後もぐっすり就寝。翌日の朝を非常に気持ちよく向かえることができました。

仕事のほうもいろいろある今日この頃、まぁ、自分のスタンスは変わらずに、行ける限りは行く。そのスタンスでこれからもやっていきますので、みなさまよろしゅう。

お疲れさまでした。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


明日、久しぶりの埼スタへ

いやー、まさかこんなに間が開くとは思ってなかった。

前回埼スタの地を訪れたのは6月30日。ナビスコ杯準々決勝2ndLeg。セレッソ大阪に1-1で引き分けたものの、ホーム&アウェイで1勝1分でセレッソに勝ち準決勝進出を決めた試合だった。

そしてその後、7月はなぜかホームの試合に限って水曜開催ばかりで7月は水曜泊まりだった自分は1試合も埼スタに行けず。8月は土曜日は基本出勤日だったから名古屋遠征とエコパ遠征のための休みを取るのが精一杯でホームには行けず(まぁ、その後別件の理由によりエコパにも行けなかったのだが)。

そして9月になってシフトの巡り合わせが若干変わり、休み希望も若干通りにくくはなってしまったのだが、やっと明日、埼スタに行けることになります。といっても、本日これから泊まり勤務で明日は泊まり明けで埼スタ直行なのではありますが。先日の等々力の試合のときのような「事件」があると埼スタに行けなくなる恐れもあるが、それを今から言っても仕方ない。今日の泊まりが無事に終わって、明日晴れて埼スタに向かえることを祈ります。
そんなわけで、今日の写真は前回埼スタに行った2013年6月30日のセレッソ大阪戦。まさかこの次の試合までの間にひと夏終わるなんて、このときは夢にも思っていなかったのだが。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


遠征の合間の局巡り - Narita Airport Studio “SKY GATE”

今回は局舎ではなく、サテライトスタジオでも。
このブログでも何度か話題にしている(1,2)成田空港第一ターミナル内のサテライトスタジオ"SKY GATE"です。

以前にも書いたように、金曜日のお休みに車で出かけることがあるとこのスタジオから放送している番組を車内で聞いていることが多い。一度見てみたかったのだが、最近は海外に行くときも羽田から出発することが多くなったので成田にはなかなか行くことがない。でも、今年は5月に韓国へ行ったときは久しぶりに成田から出発したので、このスタジオを拝見することができました。もっとも、行ったのが金曜日ではなかったので生放送の様子を見ることはできませんでしたが。

ガラス越しで撮ったのでちょっと中の様子が不鮮明だが、スタジオ内部の写真がこちら。ここから毎週金曜日、森口博子さんたちが生放送で番組をやっているわけですな。スタジオ前は広いスペースがあって、空港にやってきた客の休憩スペースになっている感じだったが、この番組では月に一度くらいのペースで番組内で生ライブをやっているのは、このスタジオ前の広場あたりでやっているのかな。

次回は、生放送をやっているところを見てみたいな。

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


ナビ準決勝第1戦 vs川崎戦

試合が終わった直後、自分の周囲から聞こえてきた言葉。

「次、1-0で勝てばいいんだろ!」

アウェイゴール2点取っての1点差の敗戦。ということは、次戦、川崎を1点以内に抑えて勝てばいい。次やるべきことははっきりとした。

試合が終わった直後にはもう次の試合に向けてスイッチを切り替えた、そんな印象を受けたゴール裏でした。一方で、まるでもう決勝進出が決まったかのように大喜びしていたチームもいるのだが、まぁ、余所様のことは関係ない。次戦、勝ってわれわれが決勝に行きましょう!

この日は自分は泊まり明けでスタジアム直行。予定ではお昼頃には7月のリーグ戦の時にも行った新丸子の店でランチだったのだが、泊まりの仕事の方が予想以上に遅くなり、一時はスタジアムに行けない覚悟もしていました。でもキックオフ90分ほど前に仕事場を出て、キックオフまでにはスタジアムに行くことができました。

泊まり明け、日勤明けでスタジアムに直行ということが多い今月。次のリーグ戦vsFC東京戦@国立の日も自分は日勤明けでスタジアム直行。次は無事にスタジアムに行けますように。

お疲れさまでした。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


遠征の合間の局巡り - NHK横浜、tvk

先日の横浜Fマリノス戦の際に午後の列整理前の時間を使って寄ってみた。NHK横浜放送局と神奈川ローカルのtvkテレビ神奈川の2カ所。

まずは、NHK横浜放送局。みなとみらい線の日本大通り駅から元町・中華街駅方面に向かって歩いて行ったところにあり、神奈川芸術劇場と同じ建物の中に入っている。日本大通り駅方面から歩いてくると手前が神奈川芸術劇場。奥の方がNHK横浜放送局という感じになっている。

中に入ってみると、大方のNHKの放送局と同様、見学ができるスペースがある。ブルーバックのニュースセットのようなものとカメラとスイッチャが置いてあり、スイッチャは自由に触ることができるようになっている。ちょっと古めの機材ではあったが、そんなわけで、かなり久しぶりにスイッチャに触って遊んでみたり。

そんなNHK横浜放送局をあとにして再び日本大通り駅へ。こちらは「横浜情報文化センター」という建物があり、日本新聞博物館や放送ライブラリーなどが入っている。放送ライブラリーでは、日本の放送局の過去の番組を見ることができるようになっている。かなり昔に1度だけここへ遊びに行って「夕やけニャンニャン」の第一回を見た記憶がある。また行ってみたかったのだがこちらの方は時間がないので今回は見送り。

日本大通り駅を過ぎて関内駅方面に歩くと見えてくるのが、横浜メディアビジネスセンター。tvkテレビ神奈川のほか、神奈川新聞も入居している。横浜のローカルのメディアが集まっているといった感じか。

1Fはオープンスタジオのような形になっているようで、12時からの生放送の準備をしている様子を見ることができた。だが、同じフロアにあるレストランのオープン前の時間だったので建物の中に入ることはできず。生放送が始まる時間まで待っていると午後の列整理に間に合わないのでこちらも断念。

午前中の限られた時間で巡ったのでいささか消化不良といった感じがしないでもない。次回はもうちょっと時間に余裕があるときに行ってみなければ。

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


そういえば、Kリーグ

そういえば、Kリーグのことまた今年もあまり書いてなかった(って、レッズのこともあまり書いてない気もしないでもないが)

というわけで、韓国・Kリーグクラシックの現在の状況をまとめてみる。

Kリーグクラシックは日本のJリーグとは異なり、「スプリットシステム」という方式を採用している。まず14チームで2回戦総当たりの「予選リーグ」を行い上位7チームと下位7チームに分ける。そして上下各リーグで2回戦総当たりの「決勝リーグ」を行い、上位リーグの1位が優勝となる。また、上位リーグ3位までが来年のACL出場権を手に入れ、下位リーグの6位、7位(全体では13位、14位)がKリーグ2部に相当するKリーグチャレンジに自動降格。下位リーグ5位(全体で12位)がKリーグチャレンジとホーム&アウェイの入れ替え戦を行う。そんな方式になっている。

そして、先日(9月1日)、その予選リーグの最終節が行われ、上位リーグと下位リーグの組み分けが決まった。

その結果、上位リーグは、浦項、蔚山、全北、ソウル、水原、仁川、釜山の7チーム。下位リーグは城南、済州、全南、慶南、大邱、江原、大田の7チームとなった。セルが所属するFCソウルは上位リーグ進出を決めたが、以前ACLでレッズとの対戦した城南一和は下位リーグとなり、本年度の優勝や来年のACL進出の可能性は消えた。

でも、やっぱり個人的に残念だったのは、済州ユナイテッドが上位リーグに進めなかったこと。最終節の結果如何では可能性があっただけに残念。来年のACLに済州が出場できないことが確定となったわけで、来年のACLで済州に行く夢はこの時点で潰えてしまった。

来年ACL出場の可能性が残っているのは浦項、蔚山、全北、ソウル、水原、仁川、釜山の7チーム。セルのいるFCソウルとは対戦してみたいけどソウルはもう何度も行ってるしなぁ。釜山や蔚山などの方面にはまだ行ったことないし、そっち方面にも行ってみたいなぁ。

.....なんて、相手のことばかり考えても自分たちが出場しなきゃ意味がないわけで。現在2位にいるわがレッズではありますが、最終節が終わるまでこの位置をキープできるよう、いや、もう一つ上に上がって優勝を目指して、がんばっていきましょう!

テーマ:Kリーグ - ジャンル:スポーツ


9月になりました

毎月恒例の、日記ならぬ月記ですw

お子様たちは今日までが夏休みなのかな。仕事場近くの観光スポットにも子供たちがいっぱいいましたが、みなさん、夏休みの宿題は終わったでしょうか?

夏休みの宿題といえば、こちらも。

「夏休みの宿題!! 8/31集めて埼スタに4万人」

8/17の埼スタ、3点差を逆転したあの日の試合後、選手からわれわれサポーターに出された宿題。はたしてその結果、昨日、8/31 新潟戦の入場者数は40,372人。ぎりぎりではありましたが、見事に宿題をクリアすることができました。

.....なんてえらそうに書いてますが、はい、かくいう自分は8/17の大分戦も昨日の新潟戦も行くことができませんでした。それどころか、今シーズンは7月から8月にかけてホーム埼スタに1試合も行くことができませんでした。7月は土曜休みだったので比較的行きやすい月なのだが、そんなときに限って試合は水曜開催。7月は水曜泊まりだったのでスタジアムには行けず。

夏休みの期間に1度も埼スタに行かなかったなんて、おそらく埼スタで試合をやるようになってから初めてじゃないのかな。まぁ、シフト勤務で働いている者としてはそんなこともあるわけで。その代わり、今月、9月は比較的巡り会わせがよく、泊まり明けでスタジアム直行というのもありますが、それでも9月に行われる全試合に行ける見込みですので、みなさまよろしゅう。

そんな9月のスタート。まずは7日のナビスコ杯準決勝vs川崎戦@等々力ですね。先日のリーグ戦のリベンジ、がんばりましょう。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

08 ≪│2013/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ