徒然草Annex
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠征の合間の局巡り - 熊本・鶴屋サテライトスタジオ

先月の自分の休みと天皇杯2回戦のスケジュールが合致。そして先月で有効期限となるマイルが残っていたのでマイル消化を兼ねて行ってきた九州、鳥栖。サガン鳥栖の試合を見た後向かった熊本にて毎度のごとく局巡りの旅をしてきました。

そんな中で今回紹介するのは、「鶴屋サテライトスタジオ」。

熊本の中心にある「鶴屋百貨店」の本館1階、エスカレーターや階段などがある吹き抜けのところにあります。かつて東京でも池袋や西銀座のデパートにニッポン放送がサテライトスタジオを作った時代がありましたが、百貨店の中にこのような形でサテライトスタジオがあるというのは最近はあまり見ないですね。最近はこういうサテライトスタジオは少数派なのかも。

ガラス越しなので少々見えづらいが、中のスタジオの様子を写した1枚が右の写真。中央のテーブルを挟んで両側に椅子が並び、テーブルにはマイクが並んでいるのが見えます。

このスタジオからは熊本の地元ローカル局、熊本放送(RKK)ラジオが毎日午後2時からこのスタジオで生放送をやっているようですが、自分が行ったのは午前中だったのでまたもや生放送の様子はうかがい知れず。

ここ「鶴屋百貨店」は本館のほかにも東館、そして熊本市電が走る大通りを挟んだ反対側にはNew-S館と呼ばれる建物もあり、その売り場面積はかなり広くなっており、まさに熊本を代表する老舗百貨店といった雰囲気の建物だった。

そんな鶴屋百貨店、かつては東館地下1階には熊本のコミュニティFM局「熊本シティFM」が、New-S館地下1階には「FM熊本」がそれぞれサテライトスタジオを構えていた。しかし、最近になってこれらのスタジオは閉鎖になってしまったようで、実際、New-S館にあったと言われていたところに行ってみたが、すでに影も形もなくなっていた。

現在は熊本シティFMもFM熊本もこの「鶴屋サテライトスタジオ」から放送をやっているようです。スタジオ横の「番組案内」の看板を見ると、RKKラジオだけでなくFM熊本、熊本シティFMの番組も紹介されていた。

最近では駅前とか大型ショッピングモール、大型CDショップなどにサテライトスタジオを構えることが多いのだが、百貨店内の人通りの多いところに構えているというところに、非常に懐かしい感じがした。
スポンサーサイト

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


vs鹿島戦:勝った!

やっぱりこのスタジアムで勝つと本当に嬉しい。(いや、ほかのスタジアムだと嬉しくない、という意味ではないが)

カシマスタジアムでのアウェイ戦、1-2で勝利し、勝ち点3を持って帰ることができました。カシマスタジアムで鹿島に勝つと非常に嬉しい。いったいいつ以来だろうか.....ってよく考えたら、去年も勝ってたんだっけw

そんな鹿島でのアウェイ戦。カシマスタジアムというといろんな意味で忘れられない試合が多い。2004年10月23日、鹿島まで3000人のバスツアーを開催したとき。自分はこのときは一人マイカー参戦でしたが、無事鹿島に勝った喜びもつかの間、試合終了直後に起こった「新潟県中越地震」のニュースを聞きながらさいたまの自宅まで帰ったことを覚えている。

あれから9年、あの日以来のバスツアーが開催された。

といっても自分は前回に続いて今回もマイカー参戦。でも大きな違いは、2004年は一人参戦、今年は仲間を乗せての参戦ということ。一人でスタジアムに行くのが当たり前だった時代から考えたら隔世の感がありますが、そんな仲間とともに愛車けーたか号にて鹿島まで。

スタジアムに着くとやっぱりサポの数が多い。まだバスツアー組も着いていない時間帯でこれだけの人数だからバスツアー組が着いたらいったいどうなるのだろうか、なんて思いながら入場するとやっぱりアウェイゴール裏が満員。通路までいっぱいになるくらいの状態だった。それだけこの試合はサポーターも気合いが入っていたということでしょうね。

これでリーグ戦は2位に浮上。残り5試合もこの調子で進んで、リーグ優勝、絶対取りましょう。そして来月2日に行われるナビスコ杯決勝、柏に絶対勝って優勝しましょう!

そんなわけで、試合後は鹿島遠征の帰り道として毎度訪れる土浦市内のファミレスにて夕食。ドライバーなのでビールで祝杯というわけにはいきませんが、こうやって仲間と一緒に「食事」をするのも遠征の楽しみだったりする。

みなさま、お疲れさまでした。
試合前の浦和のビジュアルを中から見たのが上の写真。入場してくる選手など全然見えないけど、ビジュアルは選手に見せて選手を鼓舞するものだからそんなことはお構いなし。選手がピッチ上に誰もいない時間帯にいっぱいデカ旗を出したところで、そのデカ旗を見てほしい人に見てもらわなければ意味がないと思うのは自分だけなのかなあ。それとも、そのデカ旗を「見てほしい人」の定義がわれわれとは違うのかなあ。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


いざ、鹿島

天皇杯は敗退が決まり、残るはナビスコ杯決勝とリーグ戦。

ナビスコ杯決勝のほうは柏との戦いの前にもう一つ戦いがあるようで。Jリーグチケ、チケットぴあのプレリザーブとも大激戦で、われわれの周囲でもまだ全員がチケットげっちゅできているとは言えない状態。この状態で果たして日曜日の一般発売で全員に無事チケットが行き渡るのかが非常に心配ではあるのだが。

そんな、ナビ決勝チケ一般発売の前日は、鹿島遠征の日。

鹿島というと朝早くからけーたか号で鹿島へ向かうという伝統がああるのだが、今年もその通り。まもなく鹿島へ向けて出発します。日程の巡り合わせでなぜか今節は上位同士の直接対決、広島とマリノスが星のつぶし合いをやってくれたりしないかな、なんて淡い期待もありますが、それ以前にわれわれが勝たなければ。

そんなわけで、そろそろ鹿島へ向かいます。

じゃ、鹿島で。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


ナビスコ杯準決勝 vs川崎戦: 行くぞ!国立、決勝へ!

どーだ、俺の言ったとおりになっただろ!

.....なんてえらそーなことを言うつもりなどありませんが、先月行われた等々力での1st Legアウェイ戦に 2-3 で負けた直後にわれわれの周囲から出た言葉が

「次、1-0で勝てばいいんだろ!」

まさにこれが実現することになったのがこの試合。ホーム埼スタで川崎フロンターレに 1-0 で勝利、アウェイゴールの差で川崎に勝ち、決勝のきっぷを手に入れることができました。

そんな準決勝第2戦、自分は泊まり勤務のため埼スタに行くことはできず、試合の結果を知ることができたのは泊まり勤務の夜食休憩中。仲間の歓喜に沸くtweetがTLに広がり、自分もその場にいたかのように嬉しくなったことを覚えている。でも、2年前に決勝進出を決めたときは「その瞬間をスタジアムで迎えることができなかった事に一抹の寂しさというものも感じた」のだが、今回は不思議なことにそんな「一抹の寂しさ」を感じなかった。きっと心は埼スタにあったということなのかな。

そんな決勝戦。11月の試合だから当日休みかどうかはまだ決まってません。もちろん休み希望は出してますが、実際に休みが決まるのはもう少し先のこと。でも、行ける限りは行く、そのスタンスは決して変わりませんので、みなさまよろしゅう。

そんなわけで、試合当日は仕事だったためにみなさんと一緒に祝杯を挙げることができなかったので、泊まり明けの翌日のランチは一人祝勝会、というわけで、御徒町駅前の「ちょもらんま」へ。八重洲地下街の「ちょもらんま酒場」には何度か行ったけど、ここ、御徒町店のほうが雰囲気もよく、これから何度も行きたくなりそうな店でした。

さぁ、決勝戦、いや、その前に来週の鹿島戦、がんばりましょう!

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


ビール祭りに行ってきました

けやきひろばビール祭りに行ってきました。

今や、毎年春と秋の恒例行事と言っても過言ではなくなりました。毎年5月と10月、さいたま新都心けやきひろばで行われるビール祭り。今回は記念すべき10回目ということもあってか、けやきひろばではなくさいたまスーパーアリーナでの開催。これで雨が降っても濡れずに飲めますな。

自分にとっては昨年の春のビール祭り以来1年半ぶり3回目の参加。というわけで、最終日となる日曜日、前日からの泊まり勤務の明けで仕事場からさいたま新都心まで直行して仲間と合流。そして早速仲間と乾杯! 普段あまり飲むことの少ない地方の地ビールなどを中心に、何杯飲んだか忘れるくらい飲んできました。

毎回、ビール祭りが開催される週はレッズがホーム埼スタで試合を行うというパターンが多い。しかも、今回は大宮アルディージャとのさいたまダービーと重なるという巡り合わせ。前述のとおり自分はダービー当日は泊まり勤務だったため埼スタには行けず。試合の映像も生ではほとんど見ることができなかったのだが、ビール祭りで会った仲間から前日のダービーの話をたくさん聞いて、自分も一緒に埼スタにいたかのように楽しむことができました。そんな仲間に感謝。

そんな、前日のダービー勝利の祝杯も兼ねて大いに盛り上がったビール祭りは夕方頃にはお開き。その後、北与野駅近くのホルモン屋にて2次会ののち帰還。非常に楽しい1日となりました。みなさまお疲れさまでした。

また来年春も、みなさんと一緒に楽しみましょう!

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


遠征の合間の局巡り - FM-NIIGATA,FM KENTO サテライトスタジオ

今回はサテライトスタジオを2つほど。今年3月の新潟遠征で訪れた県域FM局とコミュニティFM局それぞれ1カ所ずつ紹介します。

まずは新潟の県域FM局、FM-NIIGATA万代シテイサテライトスタジオ。

新潟の中心、万代橋の南側、万代シテイビルボードプレイスの1階正面にあります。建物の中に入ってるスタジオはよく見るけど、ここはこのスタジオだけが独立した建物になっています。行った時間帯は放送時間外でカーテンが閉められていたので中の様子を見ることはできませんでしたが、毎週月曜~木曜の夕方にはここから生放送をおこなっているようです。



FM-NIIGATAを後にして向かったのは新潟駅南口。駅前の複合施設 PLAKA3 の1階にあるのが、新潟市のコミュニティFM局、FM KENTO のサテライトスタジオ。コミュニティFM局とは市町村単位を放送エリアとしたFM局で、浦和でいうところの REDS WAVEのようなFM局。浦和も駅前のホテル1階にオープンスタジオがあるけど、ここも新潟駅前のビルの1階にスタジオを構えております。ただ、浦和の方は生放送は基本すべてオープンスタジオでの放送なのだが、こちらはすべての時間ここから放送しているといった感じではないのか、こちらも行ったときは残念ながら生放送はやっておらず。

何度かこうやってスタジオを見に行ってるけど、生放送やっている時間帯に出くわしたことがほとんどないのはどうしてか。今度は時間を調べて生放送やってる時間帯に行かないといけませんな。

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


10月

毎月恒例の月記ですw

今日から10月。なかなかスタジアムに行けなかった夏も終わり秋になれば少しは行けるようになるのかな、というわけで、今月は中旬の鹿島遠征の日のお休みは無事確保。毎年のように愛車けーたか号に乗って鹿島まで行く予定。

でも、改めてシフト表をよく見たら試合の日のお休みなのはこの日だけだった。平日の天皇杯が平日のお仕事明けで行くことができれば駒場直行なのだが、9月もかなり厳しかったし今月はどうなのだろうか。

あとは今月の目玉といえば、さいたま新都心で明日(10/2)より開催される「けやきひろばビール祭り」。今回はけやきひろばではなく「さいたまスーパーアリーナ」で開催されるそうな。スーパーアリーナの中に入るのはかなり久しぶりだな。おそらく数年前にレッズフェスタをここで開催されたとき以来じゃないかな。

そんな10月。前半のビール祭り、中旬の鹿島遠征が一つのヤマ場になりそうですが、忘れてはいけないのがナビスコ杯準決勝川崎戦。自分は試合当日は泊まりのためスタジアムには行けないけど、勝って決勝に行きましょう!

そんな10月、今月もよろしくお願いいたします。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。