徒然草Annex
いよいよ開幕

いよいよ今週末、Jリーグが開幕します。

昨年12月に最終戦が終わってからこれまで、まったく試合のない日々が続いてつらかった。でもそんなシーズンオフももうすぐ終わり。いよいよシーズンが始まります。お前ら準備はいいか!?

.....って、一番準備ができていないのは自分かもしれないwww

開幕戦のvsガンバ戦@万博、行けるかどうかは今月下旬頃に出る3月のシフト次第だったのだが、残念ながら行けないことになってしまいました。もうちょっとキックオフ時刻が早くて、最終の新幹線に間に合う時間だったらよかったのだが。試合のなかった昨年はともかく、2012年、2011年も行けなかったかから、4年連続で万博に行けないわけで。

でも、その代わり3/15のvs広島戦には無事に行けることになったのは幸いか。広島にも2010年以来行けなかったから今年も行けなかったら4年連続で行けなかったところ。久しぶりの遠距離アウェイ遠征、楽しんできます。

しかし、もうすでに今シーズンが始まっているチームもあるわけで。

AFCチャンピオンズリーグ2014。レッズは昨年の最終戦に負けて出場権を逃してるから直接は関係ないのだが、今日、セレッソは韓国・浦項でアウェイ戦、広島はホームで北京国安と。明日、マリノスは韓国・全州にて全北現代とアウェイ戦、川崎はホームで貴州人和とそれぞれ闘う。日本勢は2008年のガンバ以来優勝していないし、ここ最近は韓国や中国勢に負けてるから、がんばってほしいものです。

そんなわけで、今日行われた試合の結果を分かる範囲で追いかけてみる。

広島 1-1 北京国安
浦項 1-1 セレッソ
FCソウル 2-0 セントラルコースト

日本勢は共に引き分けですか。明日行われるマリノスと川崎もがんばれ!

.....なんて、書いてるとやっぱりACLは見るだけでなく出場したいのもですな。昨年は広州と全州に行かせてもらえたけど、韓国、中国だけでなくもっとほかの国にも行ってみたいし。
というわけで、今日の写真は、昨年2月26日、ACL2013第1節、vs広州恒大@天河体育中心体育場の写真。初めての中国を楽しんできた遠征でした。

来年こそ再び、この地に行きたいものです。いや、行きましょう!

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


遠征の合間の局巡り - 中央エフエム RADIO CITY

東京地方で記録的な大雪になったり、東京都知事選挙が行われたり、なにかと東京で起こる事件が多い今日この頃。でも、それを伝える東京のメディアの多くは、東京を中心として全国に向けて発信するメディアであり、いわゆる「東京ローカル」というメディアは少ない。

といっても、もちろんそんなメディアが全くないわけではなく、その中の一つが「コミュニティFM局」。この企画でも地方のコミュニティFM局を何局か紹介してきたが、当然東京23区内にもそんなコミュニティFM局はあります。今回紹介するのは東京の真ん中、東京駅のすぐ近くにある「中央エフエム RADIO CITY」です。

「中央エフエム」のいうその名前からも想像できるように、この局は東京都中央区をサービスエリアとしております。スタジオがあるのは東京駅のすぐ近く、東京メトロ銀座線京橋駅から直結の「東京スクエアガーデン」の地下1階になります。さすが、東京のど真ん中の局。最新ビルの一角にスタジオを構えております。

といっても、この建物ができたのは昨年(2013年)のこと。ここに移転する前は茅場町の、大正時代にできた建物の中に入っていたらしい。その時代に局訪問をしたことはないのだが、資料写真等で見る限り、歴史を感じるような建物の中に入っていた雰囲気が感じ取れる。時代を感じさせる建物から最新高層ビルの一角に移転するというのもこの地域ならではといった感じか。

訪問したのは昨年の年末休みに入っていた頃で、毎度のごとく訪問したときは生放送をやっていない時間帯。まあ、そのおかげでガラス越しにスタジオの中の様子の写真を撮ることができましたが。スタジオ前は京橋駅に向かうコンコースと直結の広場のようになっているところで、見学するスペースは十分にありそう。でも、スタジオが広場の端のほうにあるので広場からは若干目立たないところになってしまうのがちょっと残念ではありますが。

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


インフルエンザと大雪と

前回のエントリーにも書いた雪の翌日の泊まり勤務を無事に終え、2/11-12の2日間は休みの予定だった。しかし、連休二日目の朝、仕事場から1本の電話が。

「今日の泊まりの人がインフルエンザになってしまったので、代わりに泊まり勤務できないか?」

というわけで急きょ泊まり勤務となったのは先週水曜日(2/12)。当初の予定では水曜は休みで木曜、金曜は日勤。そして土曜が泊まり勤務となるはずだったのだが、水木が泊まり明け、金曜が休み、そして土日で泊まり明けという勤務に変更となった。今月になってインフルエンザがはやってきてます。職場内でも何人かが感染しています。まだ幸いに自分は感染していませんが、自分も数年前にはインフルエンザではなかったものの高熱で1週間近く休んで泊まり勤務を1回交代してもらったことがあります。みなさまも風邪・インフルエンザに注意しましょう。

というわけで、予定より泊まりの回数が1回増えてしまったこの1週間なのだが、その代わり金曜日(2/14)が休みになった。しかし、この2/14がまた大変な日。先週土曜日続いてまた大雪となった日。でも、当初の予想は「前回(8日)ほどの大雪にはならない」とのことで、実際、自宅周辺も車などにうっすらと雪が積もるほか、車道はほとんど白くならずにすんでいた。しかし、その様子が一変するのは午後になってから、少しずつ道路も白くなってきたと思ったら、埼玉に大雪警報が出て、埼玉方面の電車も止まりだして、気づいたら、秩父で98cm、熊谷で62cmと観測史上1位を更新、さいたまで21.5cmを記録、東京都心でも27cmで先週と同じ降雪量。先週ほど降らないどころか、先週を遙かに超える降雪量になってしまった。

泊まり勤務が1回増えてしまったのは大変ではあったが、その代わり2/14が休みになったのはせめてもの救いか。もしこの日自分が出勤日だったら間違いなく仕事場を出るのは午後9時頃になっていたので、自宅に戻ることができたのは一体何時になっていたことか。

あの日から3日たった今でもまだ不通の列車や通行止めの道路なども残っているようで、山間部では孤立状態になっているヶ所もまだ多くあるようです。予想以上の大雪で今でも難儀されているみなさまにはお見舞いを申し上げます。除雪作業が早く進んで、みなさまが普段の生活にもどれますように。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


雪の帰り道

大雪の一日となりました。

昨日(2/8)、未明より降り始めた雪はその後も降り続け、さいたま・浦和では6cmだったが、熊谷では43cmで観測史上2番目、千葉では33cmの積雪で観測史上1位の積雪だったもよう。東京都心では27cmの積雪で45年ぶりの大雪だったもようです。

また、東京、埼玉を始め関東のほぼ全域で大雪警報が出されました。東京、埼玉で大雪警報が出たのは2001年以来13年ぶりだったそうな。

そんな一日、自分は普通に出勤日。これだけの大雪の中でのお仕事、かなり大忙しの一日になることが予想され、前日夜にもその予告があったのでかなり覚悟をしての出勤だった。しかし、いざ仕事が始まると予想に反してあまり忙しくなる出来事は起こらず、思ったより平穏な一日でした。夜勤の方々が無事全員出社されたのを見届けて自分は早々と帰宅。

在来線が止まっているようだったので早々と在来線をあきらめて東京駅の新幹線ホームに向かう。するとそこには2時間遅れの新幹線がいて、まもなく発車の報が。そこでそれに飛び乗りあっという間に大宮駅。そうしたらバス停にもちょうど自宅方面に行くバスがいたりして。この雪の中1時間半ほどで帰宅できたのはある意味奇跡ですな。

そして、バス停を降りると見えてくるのはこんな光景。
日中は仕事場にいて雪の降っている最中の外の様子はほとんど見ることができなかったので、今日初めて見る雪の光景。普段よく行くコンビニの駐車場は雪に埋もれています。

バスの通る道路はこんな感じ。車が比較的たくさん通り日中は大渋滞を引き起こすこの道路も今日は閑散として、車道にも雪が残っている状況になっていました。

バスの通る大通りでこの状況なのだから、そこから奥に入った道などはこんな状況。もはやどこが車道でどこが歩道なのか全然分かりません。この状況下で車もほとんど通らないから、車道と思われる道路の真ん中を歩いて自宅まで。

今回の大雪をニュースで見ていると、過去の東京での大雪の映像に「○○年」なんて数字が出るのだが、そのたびにその頃の自分のブログを見ると、その当時の雪のことが出てるんですよね。たとえば、前回大雪警報が出されたのが2001年とのことだが、そのときの自分のブログを見ると、2001/01/27 (土)だったらしい。この日自分は深夜勤務で、仕事明けは深夜宅送で雪の中帰ってきたらしい。19年も書き続けているとそんな昔のことまですぐに出てくる、楽しいモノです。

でもさすがに、「45年ぶりの大雪」の「45年前」の記録は残っていませんがwww

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


遠征の合間の局巡り - 南海放送

シーズンオフを使ってどこか温泉にでも行こう、と思って行ってみたのは、愛媛・道後温泉。シーズンの疲れを温泉に入って癒やして参りました。

で、せっかく出かけたのだから、局巡りをしてこないわけがないwww

何局か寄ってきたのだが一番興味深かったのは、地元民放局、RNB南海放送。テレビとAMラジオを両方とも放送している局で、テレビは日本テレビ系列になります。昔、パソコンで「なんかいほうそう」を漢字変換しようとすると「なんか違法そう」なんて誤変換をされてしまったりして、そんな不遇な(?)局であったりします。
もちろんそんな「違法局」などではなく(当たり前かw)、歴史も古く昭和28年(1953)にラジオ放送開始という老舗局。場所も松山の街中、JR松山駅から松山城のお堀の方へ向かっていった突き当たりに本社があります。上の写真の右側の茶色の建物が南海放送本社ビルです。ちなみに、中央のビルには地元CATV局、愛媛CATVのスタジオがあり、左奥のガラス張りの建物は愛媛新聞本社、写真には写っていないが、お堀を挟んだ反対側にはNHK松山放送局が建っております。まさに松山の中心メディアが集中しているといった感じでしょうか。

建物の中に入ると1Fは広いロビーとなっており奥にはホールがあったりします。2Fに上がると喫茶室があり、その片隅にはラジオのオープンスタジオがあり、行ったときにはまさに生放送の真っ最中。ここ最近いろいろなスタジオを訪れているが、生放送の真っ最中に訪れたのはあまりないかも。でも、生放送をやってるとスタジオの写真を撮るのが難しいんですよね。というわけで、今回は生放送を見ることができた代わりにスタジオの写真はありません。スタジオだけでなくサブの様子もガラス越しに見ることができただけに個人的にはちょっと残念ではありますが。

そんなわけで、本社内のスタジオ写真が撮れなかった代わりに別な写真を。伊予鉄・松山市駅から松山銀天街を歩くこと数分、「ぎんこい市場」という産地直送野菜などを売っている店の2Fにあるのがサテライトスタジオ「エルスタ」。南海放送と前述の愛媛CATVが共同で開設したスタジオで、南海放送もここからラジオの生放送を行っているようです。こちらのほうは生放送を行っている時間ではなかったので写真を1枚。下は普通に八百屋のような雰囲気なのにその上にスタジオがあるというのが非常に不思議な感覚になりますが、ここでの生放送をどんな感じでやっているのか、妙に気になりますね。できれば、本社スタジオでなく、こちらで生放送を行っている時間帯を見てみたかった。

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


REDS FESTAに行ってきた

REDS FESTAに今年も行ってきました。

昨年後半戦と同様に今回もフェスタ前日から泊まり勤務で、泊まり明けで仕事場から駒場へ直行。当初の予定より仕事場脱出が30分ほど遅れてしまい、引退選手のセレモニーを見ることはできませんでしたが、スタジアムに着いた頃には今シーズンの選手・スタッフの紹介がスタート。そして、毎年恒例のゲーム大会がスタート。

ゲームそのものはかくれんぼやWANTEDなどの毎年恒例のものではありますが、選手と間近でふれあうことができる滅多にない機会なので非常に面白い。自分は行けなかったが午前中には選手がDJブースにやってきてトークイベントなども行われていたようで、一時期のスーパーアリーナや埼スタで行われていた頃から比べたら、選手とサポーターがふれあう機会というのがかなり多くなっているような気がする。

自分が行けたのは最後の2~3時間ほどでしたがそれだけでも十分に楽しむことができました。そしてフェスタ終了後は毎度のごとく浦和駅近くのお店でサポーター仲間と「新年会」。先日発表になった今シーズンの日程をもとにみなさんと遠征の計画を相談したり、こうやってみなさんと会っていろいろな話をするようになると、今年も始まったんだなという実感がしてきます。今年もみなさんと楽しく過ごせますように。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


今シーズンのことを考えるフリをしてみる

今シーズンの試合日程が先日発表になりました。
そんなわけで、今シーズンの予定を考えるフリをしてみましょう。

といっても、今シーズン前半はどうなるのか全然見当もつかず。まぁ、昨年秋頃からの状況がしばらく続くモノと思われ。正直、検討のしようもないというところなのだが。

でも、昨年、一昨年と行けなかった広島には行きたいな。でも、今年も開幕戦だったら比較的行きやすかったのだが、このタイミングはどうだろうか。

そして今年のメインと言っても過言ではないのが、徳島アウェイ戦。さぁいつになるのだろうかと思っていたら、7/23(水)の平日開催となったもよう。夏休み期間とはいえ平日では行けるサポーターも多少減ってしまうのかな。自分はうまく調整ができればこの前後を夏期休暇にしたいところなのだが。

あと、今シーズンの特徴としては、国立競技場が使用できなくなってしまうことから、昨年までは国立で開催されていたアウェイ戦のうち、ナビ甲府戦と柏のナビ・リーグ戦がそれぞれのホームで開催されること。小瀬での甲府戦は2006年に「観衆17,000人」と発表されたあの日以来、日立台での柏戦は2004年の野田線ジャックのとき以来とのことだからどちらもかなり久しぶり。タイミングがうまくあえば行ってみたいところ。

と、ここまで書いて改めて。「行ってみたい」という希望だけで実際に「行きます」という試合はホーム・アウェイ含めてまだ1試合もありません。開幕戦のガンバ戦@万博だって、行けるかどうかが分かるのは最遅で1週間前かも。その頃にはチケットは売り切れてるんでしょうね。まあ、今シーズンは仕方ないかな。

今シーズンもみなさんと楽しく過ごせますように。

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ




検索フォーム


カレンダー(月別)

01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ