徒然草Annex
とりあえず一回り.....

グループステージも32ヶ国すべてが第一戦を戦い終えて、第二戦が始まる。

そこで、第一戦を戦い終えた32ヶ国の成績を大陸ごとにまとめてみました。(左から、地区名、出場国数、勝利-分け-敗戦)


ヨーロッパ   14ヶ国 7-3-4
(直接対決3試合含む)
南米       4ヶ国 3-0-1
北中米・カリブ海 4ヶ国 1-1-2
アフリカ     5ヶ国 0-1-4
アジア      4ヶ国 1-1-2
オセアニア    1ヶ国 1-0-0

やはり、ヨーロッパ・南米は強いようで、勝率が高い。アフリカ勢はチュニジアが唯一引き分けただけでほかは敗戦。かつてのカメルーンやセネガルのような国はあらわれるのだろうか?

オセアニアは、オーストラリアが今大会で初得点・初勝利をあげたが、次回大会よりオーストラリアはアジア地区で予選を戦うので、今後のアジア地区の激戦が予想される、非常に侮れない存在となりそう。

そして、アジア勢。勝ったのは唯一韓国だけ。サウジアラビアがチュニジアに引き分けたが、ほかは敗戦。アジアの出場枠拡大を謳っているAFCだが、肝心な本大会での成績がこれでは今後の枠拡大は期待薄か。アジアの地位を向上させるためにも、アジア勢にはがんばってもらいたいのだが。

そのためにも、まずは次戦、クロアチア戦だ。
日曜日の夜の試合だし、みなさんテレビでクロアチア戦をみましょう。
関連記事

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ