徒然草Annex
日本-クロアチア戦:引き分け

中田のミドルシュートなど前回には見られなかったシーンもいくつかあったけど、今日もFWの決定力不足は否めず、0-0のスコアレスドロー。とりあえず勝ち点1はげっちゅして、3戦全敗という最悪な結果だけは免れたもよう。

一方、ブラジルはオーストラリアに2-0で勝利し、早くも決勝トーナメント進出が決定。残り1つの枠を日本、クロアチア、オーストラリアで争うことになる。

とはいえ、この3ヶ国の中で一番可能性が低いのは日本。日本が決勝トーナメントに進むためには次のブラジル戦に勝たなければならない。しかも2点差以上つけての勝利が最低条件だそうな。いくら決勝トーナメント進出を決めて余裕のあるブラジル相手とはいえ、2点差以上つけて勝つのはかなり厳しいと思う。

でも、自分は敢えてこう思うことにしました。

.....なら、2点取ってブラジルに勝てばいいじゃん。

オーストラリアに3失点して負けて、クロアチアに1点も取れなかったチームが何を言うか、という感じもするのだが。でも、たとえ日本がブラジルと1万回試合をして1試合しか勝てないとしても、その1試合が次の試合という可能性だってあるでしょ。

去年の終盤、フクアリでロスタイムで失点して負け、優勝絶望ムードが漂い、浦議には「最終戦のチケット売ります」が大量に出たあの日。自分はmixi日記とここのブログに「可能性が0じゃない限り、最後まで可能性がある限りそれを信じる。」って書いた。あのときは最終的にはその夢は叶わなかったのだが、それと同じことを代表に対してやってみることにした。シュートを打たなければゴールは決まらないように、勝つと思わなければ勝てない。最初から「負ける」なんて思ってて勝てるわけないじゃん。

「Pride of URAWA」の弾幕が貼られたドイツのワールドカップスタジアムで後半ロスタイムまで必死で走り続け試合終了後には足が吊って倒れてクロアチアの選手に介抱されていたアレックスを見て、そう思うと心に決めた、日曜日の深夜でした。
関連記事

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ