徒然草Annex
祭りのあと

お祭りなどのイベントがあるときは昔からその準備をするときがけっこう好きだった。大学時代の学園祭の準備なども「忙しい~」って口では言いながらその忙しさを心のどっかで楽しんでいた自分がいたのをよく覚えている。

一方、その祭りが終わったあとのお祭り会場の雰囲気はどうしても好きになれない。いわゆる「祭りのあと」のもの悲しげな雰囲気がどうしても受け入れられない。だから大学祭のときには終わったらその日のうちに全部片付けを終了して翌日は大学に行かなくてもすむようにしていたのを覚えている。

似たような気分を味わうのがホーム埼スタで試合を終えたあとの帰りの道のり。日常では着ることのない「レプリカユニ」を着たり日常ではとても出さないような大声を上げたりして、そこはまさに非日常空間のいわゆる「お祭り」。そんなお祭りを終えて仲間ともに電車で帰路につく。途中で別な線に乗り換えるために仲間が少しずつ減っていく。そして一人になってから自宅最寄り駅までの間。それまでの非日常空間から急に現実に戻されそうな気分がして一抹の寂しさを感じる瞬間である。

おとといから昨日にかけての温泉旅行。仲間7人とともにとても楽しい2日間を過ごすことが出来た。参加してくれたみなさまには大変感謝。しかし、その帰り、駅で仲間と別れて一人で自宅最寄り駅を帰るための電車に乗った瞬間から、それまでに感じたこともないくらいの寂しさと不安感を感じた。いつもの埼スタ帰りに味わう「祭りのあと」も確かにあると思うのだが、今回はそれ以上に、翌日の会議への不安感も重なって、今までにないほどの寂しさと不安感になったのだろう。

そしてその翌日(つまり、今日)の会議。前回はなんとか最後まで持ちこたえることは出来たが果たして今回は。午前中はその会議のことで頭がいっぱいで他のことを聞かれても上の空で何も返事できずに終わり、そして会議本番、自分がやろうとしていたことにダメだしを食らい思考停止して何か発言しようにも発言することすら出来なくなってしまい終了。一時期の状態から少しは落ち着いてきていたような気がしていたが、根本的な部分は何も変わってなかったと言うことですかね。

でも、ここでホントに終わってしまうわけにはいかないし、少しずつやっていきたいと思います。
関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ