徒然草Annex
2009山陰旅行記(2)

夏期休暇を利用した山陰旅行、第二日前半戦です。

9月5日(土)


浦富海岸・鳥取砂丘観光周遊 ボンネットバス
 鳥取 8:10 → 鳥取砂丘 8:35
ループ麒麟獅子Bコース
 鳥取砂丘 8:49 → 鳥取 9:14
山陰本線快速「とっとりライナー」
 鳥取 10:19 → 伯耆大山 11:44
山陰本線普通
 伯耆大山 11:48 → 出雲市 13:28

鳥取を出発する快速列車が10:19発なのでそれまでの時間を使ってせっかく鳥取まできたのだからやはりここへ、ということで鳥取砂丘へ。昭和40年に作られたというボンネットバスにて砂丘を目指す。25分くらいで着いた鳥取砂丘は着いた鳥取砂丘は右の写真。砂ばっかりです(当たり前かw)。でも、午前8時台でも意外と観光客は多かったようです。そんな自分は10時台の列車に乗るため15分ほどで砂丘をあとにして鳥取駅へ戻る。

鳥取駅からは快速列車「とっとりライナー」。早めに駅に列車が着いていたので先に乗って出発を待っていたら発車直前には座席がほぼ埋まるくらいまで乗客が乗ってきました。大山方面に向かう学生などが多く乗っていたようです。そんな列車に乗って倉吉を経由して鳥取の一歩手前、伯耆大山にて普通列車に乗り換える。

伯耆大山からは再び各駅停車の旅。豊岡からここまで気動車だった列車もここからは再び電車に変わる。そんな「電車」に乗って明日の目的地米子、今日の宿泊地松江を通り過ぎ、今日の目的地、出雲市駅まで約1時間半の旅。出雲市駅まで到着。



一畑バス
 出雲市駅 13:30 →
    出雲大社正門前 13:52


出雲まで来たらやはりここへ行かなければ、というわけで出雲大社まで。出雲市駅から約20分くらいバスに揺られて出雲大社の正門まで到着。正門より入りさらに数分くらい歩いてやってきたのは本殿、ではなく仮殿。出雲大社はただいま「平成の大遷宮」の途中ということで工事の真っ最中。そんなわけで本殿ではなく仮殿に参拝をしてきました。そしてお約束のようにおみくじもやってみましたが、おみくじの結果はあまりにも普通すぎてネタになりにくいのでおみくじ結果は省略www
遅ればせながらやっとランチ。出雲と言えばこれ、出雲そば。写真のような3段の丸い器にそばを盛って出す「割子そば」というのがポピュラーな形らしいです。そしてそばの食べ方も普通のそばとはちょっと違う。そばつゆの中にそばを入れて食べるのが一般的な食べ方であるが、出雲そばは、そばに薬味をのせてつゆをかけて食べるのが食べ方らしいです。食べ方もおもしろいけど味のほうもなかなかで、あっという間に完食。

そんなこんなで、山陰旅行記は続きます。
関連記事

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ