徒然草Annex
2009最終戦 vs鹿島:時代


これまで、カップ戦の決勝で負けて相手の優勝を見たことはあったけど、長いリーグ戦で優勝を目の前で見せつけられたのは初めて。こんなに悔しいことはないが、誰が悪いわけでなく勝てなかったのは自分たちですからこの屈辱は甘んじて受け止めなければなりません。来年は我々が取り返すぞ!

長いながいシーズンが終わったと言うことで我々も浦和で毎試合のたびに行ってるからすっかり店の人とも顔なじみとなった、そんな浦和丸にて15名ほどでお疲れさま会。試合の映像はあまり見たくなかったのでお店の人に頼んでレッズのイヤーDVD試聴会。某氏のご希望により選ばれたのはなぜか2001年のDVD。トゥットやアドリアーノがいて2ndステージからはエメルソンが加入し、田中達也が新人だった年。前半こそトゥットの活躍などにより結構良かったのだが後半2ndステージになるとだんだん負けが込んできて残留争い、残り2試合くらいにやっと残留が決定した、そんな年でした。

埼スタのこけら落としで「幼稚園児サッカー」を披露したり、この年もとても苦しい年だったのを覚えています。でもあれから8年たった今こうやって酒を飲みながら「あー、あのとき○○にやられたんだよな~」なんて笑い話のように語ることができるようになりました。昨年から今年にかけていろいろあった辛いこと、苦しいこと、悲しいことなどもきっと「そんな時代もあったねといつか話せる日」が来て、「あんな時代もあったねときっと笑って話せる」ことでしょう。

来年の開幕戦、またみなさんといつもの場所でいつものようにお会いできますように。
1年間、お疲れさまでした。
関連記事

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ