徒然草Annex
東日本大震災(1) - その瞬間

翌日ホーム開幕戦を控えた2011年3月11日。朝から届くメールは翌日のホーム開幕戦に向けての情報が中心。自分は当日は仕事のため試合には行けなかったので「試合には行けないけど試合終了後なら間に合う」などというメールを送りながら休日の一日をのんびりと過ごす。車で買い物に出かけ昼飯を食べた後自宅に戻り、2Fに自室にてテレビを見ている最中にその瞬間を迎えた。

14時46分、大きく揺れ始めたのに気づきテレビをNHKにすると「東北地方で緊急地震速報」が出ていた。即、大きな地震を悟り自分の部屋から出ようとすると突然激しい揺れが自宅周辺を襲い始めた。1Fにいた親を外に避難させて自分も階段を下りようとしたが、あまりもの激しい揺れに階段の踊り場付近で踏ん張っているのがやっとの状態。しかし、その激しい揺れで本棚の本やCDが大量に床に落ち、その弾みでテレビやPCの電源が落ちたのを見て身の危険を感じ、上着を頭からかぶり決死の思いで階段を降りそのまま玄関を飛び出る。

家の玄関を出て見ると電柱にかかる電線が見たこともないくらい大きく揺れているのが見えた。そして、向かいの家のブロック塀が崩れ落ちていた。30年以上今の場所に住んでいるが、地震でブロック塀が崩れたりしたところを見たのは初めての経験です。

地震がひとまず収まり家の中に戻りテレビのニュースを見ると「宮城で震度7」「東北地方で大津波警報」という衝撃的な文字が綴られている。とりあえず、テレビのニュースを見ながら、地震が起こる前から作っていたコーヒーを飲んで一度落ち着いたところで部屋の後片付けにとりかかる。

自室は机の上や本棚に入れていた本がほとんどすべて床に落ちている状態だったので、それを片付ける。1時間ほどである程度片付いたのでPCを再起動、そしてその後に最初に書いたのが以下のtwitterでのtweetだった。

http://twitter.com/#!/ktaka3389/status/46103039668523008

ただいまさいたま市西区の自宅です。自宅内、台所では皿が大量に割れ、自分の部屋も本やらCDや床に散乱してます。向かいの家はブロック塀が倒れました。でも、自宅周辺、人的被害はありません。これから部屋の荷物片付けです。
2011.03.11 15:59

それ以降は何も手に着かず、テレビのニュースに釘付けになりながら明日からの仕事のことばかり気になっていた。この状態で自分が仕事場にいって自分に何ができるのか、そもそも、明日自分は仕事場に行けるのか。などなどいろんなことが気になり、深夜の余震もありほとんど寝付けないまま翌朝を迎えることになった。
関連記事

テーマ:地震 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ