徒然草Annex
全州に行ってきました(3)

「全州韓屋村」をでて数十分ほどで着きました。「全州ワールドカップ競技場」。
着いたときはまだ当日券も売り出しておらずさすがのレッズサポーターの並びもまだ少ない。でも、4時半ころから、オフィシャルや後援会などのソウルからのバスツアーが到着するにつれて少しずつサポーターの数も多くなってきました。バスが1台1台着いてサポーターの数が増えるにつれてわれわれの気合も高まるような雰囲気。
午後5時。開門。そして当日券売り出し開始。車チャーターツアー参加者11名のチケットをここで購入していよいよスタジアム入場。
並びの列はさほど多くないのだが荷物チェックに時間をかけすぎでなかなか入場できない。かなり前のほうに並んでいたにもかかわらずスタジアムに入れたのは20分ほどたっとところだった。最後の方の人はいったいいつ頃入場できたのだろうか? 入場前には係の人が事前に自分のリュックの中をチェックしたにもかかわらず入場時には別の係員が再度リュックの中をチェックしようとして、思わず「さっき検査したじゃないかよ~」って韓国語で係員に文句言ってしまったりwww

さすがに今回はレッズサポーターの数も少ないようで数回にわたる席詰めによりサポーターはゴール裏中央付近に集結。われわれも真ん中へんに集まったが気づいてみたらホントにど真ん中に行ってしまったようで、のちに帰国後にいろいろなところで見たゴール裏の写真にはわれわれがけっこう写っていたようで。

そして、相手側サポーターはこんな感じ。まぁ、キックオフよりもかなり前の時間帯の写真ではあるが、思っていたよりもかなり少ないという印象。まぁ、平日のナイトゲームにどれだけの客が集まるのか、今の埼スタを思えば正直言ってなんとも言えない。次の広州戦にはもっとたくさんのサポーターが集まって「ホームスタジアム」を作らなければなりませんな。

試合のほうは、前半の早い段階でたてつづけに2点取れたものの、その後は防戦一方。結局後半ロスタイム、最後の最後で悔しい同点ゴール。ホーム埼スタで敗戦を喫した相手にアウェイで無念の引き分け。

正直、悔しい。この一言に尽きる。でも、終わったわけではない。何があるか分からないのがACL。残り2試合、広州広大とのホーム埼スタ、そして最終節はタイ・ムアントンとのアウェイ戦。絶対勝ちましょう。そのためにもまずは4/24vs広州広大@埼スタ。あの広州のスタジアム以上の「ホームスタジアム」をわれわれの手で作りましょう。自分も泊まり明けの日ですが、がんばって埼スタまで駆けつけます。
というわけで、スタジアムを出てソウルへ戻ります。
関連記事

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ