徒然草Annex
vs鹿島戦:勝った!

やっぱりこのスタジアムで勝つと本当に嬉しい。(いや、ほかのスタジアムだと嬉しくない、という意味ではないが)

カシマスタジアムでのアウェイ戦、1-2で勝利し、勝ち点3を持って帰ることができました。カシマスタジアムで鹿島に勝つと非常に嬉しい。いったいいつ以来だろうか.....ってよく考えたら、去年も勝ってたんだっけw

そんな鹿島でのアウェイ戦。カシマスタジアムというといろんな意味で忘れられない試合が多い。2004年10月23日、鹿島まで3000人のバスツアーを開催したとき。自分はこのときは一人マイカー参戦でしたが、無事鹿島に勝った喜びもつかの間、試合終了直後に起こった「新潟県中越地震」のニュースを聞きながらさいたまの自宅まで帰ったことを覚えている。

あれから9年、あの日以来のバスツアーが開催された。

といっても自分は前回に続いて今回もマイカー参戦。でも大きな違いは、2004年は一人参戦、今年は仲間を乗せての参戦ということ。一人でスタジアムに行くのが当たり前だった時代から考えたら隔世の感がありますが、そんな仲間とともに愛車けーたか号にて鹿島まで。

スタジアムに着くとやっぱりサポの数が多い。まだバスツアー組も着いていない時間帯でこれだけの人数だからバスツアー組が着いたらいったいどうなるのだろうか、なんて思いながら入場するとやっぱりアウェイゴール裏が満員。通路までいっぱいになるくらいの状態だった。それだけこの試合はサポーターも気合いが入っていたということでしょうね。

これでリーグ戦は2位に浮上。残り5試合もこの調子で進んで、リーグ優勝、絶対取りましょう。そして来月2日に行われるナビスコ杯決勝、柏に絶対勝って優勝しましょう!

そんなわけで、試合後は鹿島遠征の帰り道として毎度訪れる土浦市内のファミレスにて夕食。ドライバーなのでビールで祝杯というわけにはいきませんが、こうやって仲間と一緒に「食事」をするのも遠征の楽しみだったりする。

みなさま、お疲れさまでした。
試合前の浦和のビジュアルを中から見たのが上の写真。入場してくる選手など全然見えないけど、ビジュアルは選手に見せて選手を鼓舞するものだからそんなことはお構いなし。選手がピッチ上に誰もいない時間帯にいっぱいデカ旗を出したところで、そのデカ旗を見てほしい人に見てもらわなければ意味がないと思うのは自分だけなのかなあ。それとも、そのデカ旗を「見てほしい人」の定義がわれわれとは違うのかなあ。
関連記事

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ