徒然草Annex
遠征の合間の局巡り - 南海放送

シーズンオフを使ってどこか温泉にでも行こう、と思って行ってみたのは、愛媛・道後温泉。シーズンの疲れを温泉に入って癒やして参りました。

で、せっかく出かけたのだから、局巡りをしてこないわけがないwww

何局か寄ってきたのだが一番興味深かったのは、地元民放局、RNB南海放送。テレビとAMラジオを両方とも放送している局で、テレビは日本テレビ系列になります。昔、パソコンで「なんかいほうそう」を漢字変換しようとすると「なんか違法そう」なんて誤変換をされてしまったりして、そんな不遇な(?)局であったりします。
もちろんそんな「違法局」などではなく(当たり前かw)、歴史も古く昭和28年(1953)にラジオ放送開始という老舗局。場所も松山の街中、JR松山駅から松山城のお堀の方へ向かっていった突き当たりに本社があります。上の写真の右側の茶色の建物が南海放送本社ビルです。ちなみに、中央のビルには地元CATV局、愛媛CATVのスタジオがあり、左奥のガラス張りの建物は愛媛新聞本社、写真には写っていないが、お堀を挟んだ反対側にはNHK松山放送局が建っております。まさに松山の中心メディアが集中しているといった感じでしょうか。

建物の中に入ると1Fは広いロビーとなっており奥にはホールがあったりします。2Fに上がると喫茶室があり、その片隅にはラジオのオープンスタジオがあり、行ったときにはまさに生放送の真っ最中。ここ最近いろいろなスタジオを訪れているが、生放送の真っ最中に訪れたのはあまりないかも。でも、生放送をやってるとスタジオの写真を撮るのが難しいんですよね。というわけで、今回は生放送を見ることができた代わりにスタジオの写真はありません。スタジオだけでなくサブの様子もガラス越しに見ることができただけに個人的にはちょっと残念ではありますが。

そんなわけで、本社内のスタジオ写真が撮れなかった代わりに別な写真を。伊予鉄・松山市駅から松山銀天街を歩くこと数分、「ぎんこい市場」という産地直送野菜などを売っている店の2Fにあるのがサテライトスタジオ「エルスタ」。南海放送と前述の愛媛CATVが共同で開設したスタジオで、南海放送もここからラジオの生放送を行っているようです。こちらのほうは生放送を行っている時間ではなかったので写真を1枚。下は普通に八百屋のような雰囲気なのにその上にスタジオがあるというのが非常に不思議な感覚になりますが、ここでの生放送をどんな感じでやっているのか、妙に気になりますね。できれば、本社スタジオでなく、こちらで生放送を行っている時間帯を見てみたかった。
関連記事

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ