徒然草Annex
vs名古屋戦: 劇的な逆転ゴールに狂喜乱舞

先週末は、名古屋・豊田遠征の日。

休み希望を出していたのだが、この日はほかにも休み希望の人が多数いる「集中日」。シフト管理者もかなり頭を悩ませたようだが、結局のところ自分が前日泊まり明けで仕事場から豊田スタジアム直行ということになりました。所要時間を約3時間半と見込み、仕事場をダッシュで午前11時に出てくれば14:30にはスタジアムに入れてキックオフには間に合う、そう思っていた。

.....と、ここまで書くと最近は「明けの仕事が押して仕事場脱出するのが遅れて試合に間に合わなかった」というパターンがけっこう多かった。しかしこの日は幸いにも泊まり中に大きな事件も何もなく、なんと戦前の予想を大幅に巻いて10:30には仕事場脱出成功。予定していた新幹線も20分早いのぞみに変更して、豊田スタジアムに着いたのはロケタッチの記録によると14:15。予想よりも15分も早くスタジアムに着くことができました。

そんな中で迎えた試合のほうもなかなかしびれる展開。前半早々に名古屋に先制されるも後半19分に原口元気のゴールで同点に追いつき迎えた後半アディショナルタイム。どんな感じで入ったのかはゴール裏の自分にはよく分からなかったが、気づいたらボールがゴールの中に吸い込まれているのが見えた。そしてゴール裏は狂喜乱舞。誰とどうハイタッチしたのかも全然覚えていないほど。そしてWe are REDS!の大コール。こんな劇的な試合で勝利して嬉しくないわけがない。

90+5分、興梠慎三の逆転ゴール。3年ほど前にもこの場所で90+8分にPKで同点に追いついて引き分けに持ち込んだという試合がありましたが、あのとき以上に狂喜乱舞したゴールだったんではないでしょうか。

そんなわけで、試合後の祝勝会も狂喜乱舞(あ、いや、そんなことしたら店の人に怒られるw)。最近は恒例行事となりましたスカパー!オンデマンドにて試合の映像を振り返る。同点ゴールや試合終了直前の逆転ゴールの瞬間を振り返りながらの祝勝会というのは格別です。

今日の試合、正直言ってとても怖かった。試合そのものが怖いのではなく、試合に行けなくなることがとても怖くて、「仕事場を出るのが遅れて試合に間に合わず、試合終了後に豊田市駅に着いて、試合が終わってスタジアムから駅方面に戻ってくる名古屋サポ浦和サポと逆方向に一人寂しく歩いて行く」という夢を何度見たことか。まあ、幸いその夢は正夢にならなくてよかったのだが。

今回の遠征もいろいろなことがありましたが、やっぱりこうやって現地に来て仲間と一緒に過ごし、大いに語らい合うことができるというのが非常に嬉しい。今回お会いしましたみなさま、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。次、自分がスタジアムに行けるのは4/26vs柏戦@日立台ですが、またがんばりましょう!
関連記事

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ