徒然草Annex
遠征の合間の局巡り - NHK神戸放送局

先日の徳島遠征。もちろんNHK徳島放送局にも寄ってきたのだが、敢えて今回紹介するのは、その徳島遠征のときの出発地神戸で訪れたNHK神戸放送局。

神戸三宮から歩いて10分ほどの大通り沿いに建っているのはこんな建物。大阪のお隣の放送局という意味では横浜放送局にも似た雰囲気であるが、横浜との違いは、FMラジオだけでなく総合テレビも神戸ローカルの放送を行っているという点。首都圏では横浜・さいたま・千葉でのローカルテレビ放送は行われていないが、関西地区では神戸や京都でもローカルのテレビ放送を行っているようです。

中に入ると、多くのNHK局舎内にある見学用のスタジオスペースがここにもあった。クロマキーセットやプロンプターカメラなどが常設されており、ニュースなどの番組ががどうやって作られるのかを簡単に見せることができるようになっている。ただ、平日午前中のためかスタジオに照明もついてなく、機材の電源も落とされていた。そのため写真も若干暗めではありますが、左下の写真がそのスタジオの様子です。

神戸放送局といえば忘れられないのが、1995年1月17日、阪神淡路大震災。地震が発生した瞬間の神戸放送局内の衝撃的な映像が当時のニュースに流れたのが忘れられません。その当時の局舎はこの地震で全壊となりその後取り壊されたそうです。一時は別な場所に移転していたが、地震からちょうど10年となる2005年1月17日に旧局舎跡地に新局舎を建てた。この建物が現在のこの建物だそうです。

そんなわけで、社屋内にはその地震を物語る展示もある。その一つが右上写真の時計。地震当時、旧社屋3Fの放送センターにて実際に使用されていた時計だそうです。ほかにも、局舎入り口手前にはこの建物の「免震構造」をみせるための場所などもあり、非常に興味深い。

ここ最近は遠征に行く機会が少なく新作がなかなかできず、「記念碑」「局舎跡」という話題が多かったのだが、久しぶりの遠征で久しぶりに局巡りをしてきました。次回いつ遠征に行けるか分からないけど、行けるときにはまた局巡りをしてきたいな。
関連記事

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ