徒然草Annex
遠征の合間の局巡り - 徳島

この局巡り連載企画も今年の最後の更新となりました。今年の最後を飾るのは今年一番「楽しかった遠征」、徳島遠征からの一コマ。といっても、徳島県は全国でも数少ない、民放テレビ局が1局しかない地域。地理的特性上、多くの地域で大阪からの放送を見ることができるため、民放テレビ局を多く作る必要がなかったのか、そんな数少ない地域になります。そのため、今回紹介するのは民放FM局と、NHKの放送局です。

まずはFM徳島。FMも大阪からの放送が受信できるのか、こちらも開局したのは比較的最近で、1991年の開局。

本社があるのはJR徳島駅から歩いて数分のところ。その途中には後述のNHK徳島放送局もあります。その本社が左の写真。開局時期のわりには歴史を感じる建物に本社があるように感じられるが、これは、FM徳島の関連会社、徳島新聞や四国放送のかつての本社ビルで、現在は「新聞放送会館別館」と呼ばれている建物に本社があるため。来年、2015年には新本社に移転する予定だとか。

続いてはNHK徳島放送局。こちらの建物は2006年より使用開始しているそうで、FM徳島の本社のある建物と比較しても新しい雰囲気が感じ取れる。建物があるのは前述のとおりJR徳島駅の近く。歩いて数分で駅からたどり着けます。建物内にも入って自由に見学することはできたのだが、残念ながらここは建物内の写真撮影は禁止。そのため外観だけの写真です。

徳島の地を訪れたのは2014年7月23日。徳島ヴォルティスとの鳴門での試合の日。徳島とはプレシーズンマッチなどでの対戦はあるが、J1としてのリーグ公式戦はもちろん初めて。そんなわけで当初からレッズサポーターの鼻息も荒く「この遠征にだけは行きたい」というサポーターも多く、かなり前から宿や飛行機の予約が埋まっていたという話も。

自分も徳島の宿だけは早めに予約していたのだが、前後の休みの予定がなかなか決まらず、最終的に試合当日徳島泊の1泊2日で行けることが決まったのは6月下旬だった。本当ならこの時期を夏期休暇としてもっと四国を巡りたかったところなのだが。

NHK徳島放送局の玄関前の柱には左の写真のような幕が張ってあった。どの地域でもこうやって地元のチームを応援していって、少しずつでもJリーグを盛り上げていければいいんですけどね。次回徳島遠征にはいつ行けるのかはまだ分かりませんが、早くJ1に戻ってきてもらって、またみんなで徳島に行きましょう!
関連記事

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ