徒然草Annex
遠征の合間の局巡り - NHK放送博物館

シーズンオフ期間は記念碑を。というわけで今回は東京・愛宕山の「NHK放送博物館」を。
愛宕山は東京都港区にある山で、標高25.7m。天然の山としては東京23区内では一番高い山だそうです。今でこそ高層ビルが建ち並び「最高峰」の面影はほとんどないが、そんな高い建物がほとんどなかった時代は、愛宕山から東京の、いや、江戸の街が一望できたんでしょうね。

そんな場所だからこそ、日本で最初に放送局が開局したときにこの場所が選ばれたんでしょうか。NHK東京の前身となる「東京放送局」は、田町での仮放送のあと1925年7月、この地、愛宕山で本放送を開始。1938年に内幸町のNHK東京放送会館に移転するまで、愛宕山から放送を行っていたそうな。

その後1956年、この場所にできたのが「NHK放送博物館」。開館当時は旧局舎を使用していたようですが現在の建物は1968年にできた建物とのことで、さすがに当時の建物は残っていないようです。
やはりNHKの施設だけあって展示されているものもNHKの放送の歴史が中心ですが、内幸町の「NHK東京放送会館」から放送されたと言われているあの「玉音放送」が録音されている「玉音盤」が保存されているなど、日本の放送の歴史を飾る数々の手にがあり、個人的には非常にたまらない施設でした。

なお、このNHK放送博物館、2015年2月16日(月)よりリニューアル工事をするそうです。そのため、しばらくの間は休館するとのこと。リニューアルオープンは2015年冬を予定しているそうです。リニューアルしたらまた行かなきゃ!
関連記事

テーマ:局巡り - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

12 ≪│2017/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ