徒然草Annex
2015水原遠征記(4)

水原での試合を終えて車でソウルへ戻る。帰りは約1時間ほどで22:30頃にはソウル到着。東大門あたりで車を降ろしてもらい、今日一日お世話になりました運転手さんとはここでお別れ。そして福岡からソウル入りしている仲間とも合流して、総勢11人でお疲れさま。
何軒か候補地はあったのだが、さすがに11人でまとまって入れる店もなかなか見つからず、今回寄ったのは2年前の全州遠征のあとと同じく「ソラボル」という店。2年ぶりに入ったこの店で肉を食べながらお疲れさま。前回は我々くらいしかいなかった店内も今日はさすがに周囲は韓国人でいっぱい。前回は「浦和丸」のような状態でたまたまテレビで放送していた試合の録画中継の映像を見ながらの宴だったのだが今回はそんなこともなく普通に。そんな中、楽しくおしゃべりしながら肉やチヂミなどを食し、次回の試合の鋭気を養ってきました。

韓国遠征に来て試合に負けたのはたぶん自分の記憶では初めて。非常に悔しい思いで帰ってきたのだが、そうやって仲間と一緒に試合を振り返ったりしながら楽しく食事していると、そんな悔しさが少しは紛れてきて、また次回がんばろう、という気分にさせてくれる。それはどの場所に行っても同じなんだな、と改めて思った。そんな仲間に感謝。みなさまありがとうございました。

そんな試合後の夜、普段なら終電前にはお開きになるところだが、遠征先ではそんな時間で終わるわけもなく、第2ラウンドへ。今回韓国へやってきてまだ飲んでなかった焼酎が飲みたい。というわけで、たまたま見つけた近くの店で「ノガリ(スケトウダラ)」などをおつまみに焼酎「チャミスル」を。結局軽くと言った割には1人1本以上は飲んだ気がしないでもないが。

そんなソウルの夜も気づいたら深夜2時過ぎ。やっとそれぞれ宿に戻り、水原遠征も無事にお開き。

改めまして、今回の車チャーターツアーでお世話になりました「ハナビツアー」さん、ソウルから水原までの運転だけにとどまらず、堪能な日本語で水原華城の観光案内までしてくださり、当日のわれわれの要望にも快く応えてくださいました運転手のキムさん、そして韓国でお会いしたみなさま、大変お世話になりました。

そして、今回の「車チャーターツアー」にご参加いただいたみなさま、お疲れさまでした。みなさまのおかげで、今回もとても楽しい遠征になりました。本当にありがとうございました。

次回、こんな機会がありましたらまたやりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
関連記事

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ