徒然草Annex
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「女川さいがいFM」 5年間お疲れさまでした

先日の「遠征の合間の局巡り」でも紹介した「女川さいがいFM」が2016年3月いっぱいで臨時災害放送局としての放送を終了することになり、昨日、その最後の生放送が行われました。

2011年3月の「東日本大震災」からちょうど5年を迎える今月、ということでここがひと区切りなのか、女川だけでなくほかにも今月末で閉局する災害FM局が数局あるようです。東日本大震災という大災害を機にできた「臨時災害放送局」である以上、どこかで区切りをつけなければいけないとは思うのだが、地域のための放送局がなくなってしまうと言うのは非常に残念ではあります。

でも、「女川さいがいFM」についてははその名を「onagawafm」と変えて仙台・TBC東北放送ラジオでの番組の制作を、引き続き女川のスタジオより行うとのこと。「女川さいがいFM」から「さいがい」の文字が取れて「onagawafm」となって、新しい一歩を踏み出すことになるんでしょうね。

そんな女川さいがいFMの「閉局特番」。昨日の特番は仕事中のため自分は聞くことができなかったのだが、その前日の土曜日夜11時からも行われた。女川駅前「ゆぽっぽ」からの公開生放送を行うということで自分もサイマルラジオで聞こうとしていた。そして夜11時、番組が始まると聞こえた声はなんと桑田佳祐。そして「勝手にシンドバッド」を歌い始めた。さらに、この番組はJFN系列でも放送しているとのこと。そこでTokyoFMを受信するとサイマルラジオ経由で流れているのと同じ音がTokyoFMでも流れていることにびっくり。

この時点で自分は完全に混乱していて「『女川さいがいFM』のゆぽっぽからの特番をJFN系でも放送している」と思っていて、そのようなtweetをしたのだが早速局スタッフからツッコミが。改めてよく考えたら「JFN系の『桑田佳祐のやさしい夜遊び』を女川さいがいFMでも放送している」ということだったんですね。状況を完全に理解するまでにかなりかかりました。最後の最後に女川さんにやられたという感じです。

自分の住んでいる地域にもコミュニティFM局はあるのだが、正直その「地元」のコミュニティFM局よりも女川さいがいFMのほうが思い入れも強く、なぜか「地元」のように思えてしまう。なぜそう思えてしまうのかずっと不思議に思っていたのだが、先日実際に女川の街を訪れてなんとなくその理由が分かったような気がする。これだけ多くの方から愛されたラジオ局、世界中探してもなかなかないでしょうね。

女川さいがいFMのみなさま、5年間お疲れさまでした。そして、これからの onagawafm としての番組もとても楽しみにしております。
そんな今日の写真は今年1月に女川に行ったときの写真。JR石巻線の終着駅、女川駅。駅に併設してあるのが温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」。先日の土曜日の夜、まさにここで桑田佳祐が生ライブをやっていたんですね。1月に女川へ行った際には温泉に入ることはできなかったので、またいつか女川へ行って、ゆぽっぽのお湯につかってこなければ。
関連記事

テーマ:FMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




検索フォーム


カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Counter


最近の記事


リンク


カテゴリー


asahi24/7


RSSフィード


プロフィール

K.TAKA

Author:K.TAKA
浦和レッズと韓国にハマるさいたま市民


Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。